||| admin || NewEntry |||
FC2ブログ

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夫婦での思い出の京都旅

ということで(1つ前の記事参照)、思い立って3日後には私たちは京都にいました。

新型肺炎で観光客が激減の京都。
私たちが(それぞれ)青春時代を過ごした当時の京都を久しぶりに堪能することができそうです。

京都駅からそのまま電車で嵯峨野嵐山駅に移動。
駅のすぐ横のホテルで昼食をとりました。

お昼時なのにお客さんは私たち含め二組のみ。
京料理らしい美しい前菜!

IMG_1186.jpg

食事の後は、ゆっくり歩きながら散策。
まずは天竜寺です。

IMG_1206.jpg

小雨まじりでしたが、ゆっくり庭園も散策。

IMG_1208.jpg

そのあと、いくつかのお寺をみながら、
一番好きな化野念仏寺へと向かいました。

34年前、第一子を妊娠中の私が夫婦で初めて訪れ、その雰囲気にすっかり魅せられたお寺です。受付終了30秒前に滑り込みで入れました。

たくさん並ぶ石仏

IMG_0051.jpg

静寂そのものの竹林

IMG_1222_20200320124425dd3.jpg

心が洗われます。
駅に向かう途中、化野念仏に向かって歩いてる外国人に会い、「残念ながら今日はもう閉門してしまったんです。冬時間だから」と教えてあげるといたく感謝されました。

この日のお宿は京都駅から徒歩5分ぐらいの去年オープンしたばかりのホテルです。

IMG_1276.jpg

中央に日本庭園をはさみ、左にフロント、右はレストランになっています。

IMG_1234.jpg

お部屋はコーナールームを予約。
信じられないくらいリーズナブルに泊まれました。

IMG_1242.jpg

このホテルでは午後のアフタヌンティータイムは和菓子とお茶、夕方はアルコールに軽いおつまみ、夜はぶぶ漬けがお部屋カテゴリー関係なくいただけます。

早速、白ワインや日本酒を頂きました。
ちなみに、おつまみはお漬物とナッツ類でした。

IMG_1243.jpg

お茶は南部鉄器の急須で、とてもレベルの高いラインナップでした。

夕飯はイタリアンの気分だったので、ホテルの方に相談し、すぐ隣のレストランを予約。

早速、ビールとワインで乾杯!

IMG_1246.jpg

カウンターで夫婦で並んで座り、ゆっくりとした時間。
フランスは残念だったけど、やっぱりこういう食事時間は、一人旅とは違い、「おいしいね」と言い合える人がいるのは嬉しいものです。

IMG_1250.jpg

オードブル盛り合わせから始まり、ムール貝のパスタやアヒージョなどいったい何品食べただろう?

IMG_1251.jpg

大満足でお店を出て、おなかいっぱい~~とか言いながらホテルでぶぶ漬け食べ1日目は終了。

ホテルのチェックアウトは11時だったので、朝はゆっくり起きてから、朝食のためレストランへ。正直、この時期のバイキングは心配もあったけど、気にしていたらきりがないので、とりあえず席は一番奥のコーナーにして、あとは食事を楽しむことに。

IMG_1258.jpg

バイキングとはいえ、京風のおばんさい料理が小皿で盛られてて、とて上品な味付けでした。

この日は、大原に行くことにしました。
まずは地下鉄で国際会館へ。

ここは夫が毎年のように参加している京都東山36峰トレールランの出発地です。(ゴールは伏見稲荷)国際会館から大原へはバスで行き、歩いて三千院へ。

IMG_1283.jpg

3連休の中日ですが、人はそう多くなく、適度な感じでした。

IMG_1291.jpg

ゆっくり散策した後は、河原町へ。
さすがに河原町はすごい人でしたが、青春時代に等間隔で座った加茂川を眺め、京都駅へと向かいます。

IMG_1299.jpg

京都へ行くと必ず立ち寄る駅近くのお店で最後の締めをして、帰路につきました。

IMG_1303.jpg

京都はここ数年、夫はレースで、私は英検1級面接でと、それぞれが一人でくることはありましたが、こうして夫婦で訪れるのはずいぶんと久しぶりでした。

フランスは残念でしたが、昔ながらの静かな、私たちそれぞれの青春時代の思い出がよみがえる京都を堪能でき、おいしいものもいっぱい食べることができ、いい旅になりました。

| 国内旅 | 2020-03-20 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

フランス旅行は京都旅行に

更新が随分とあきましたが、元気にしています。

2月下旬から初めてのフランスひとり旅の予定でしたが、熟慮に熟慮を重ね、キャンセルしました。

キャンセル料はかかりましたが、ニュース等で私と同じ日程でのパリ旅行からかかった人の感染など目にすると、改めてキャンセルの判断は正しかったんだと思います。

自分自身が感染することも怖いですが、それ以上に自分が知らないうちにキャリアになっていて、誰かに感染させてしまうことの方がもっと怖いからです。

ただ、張り切ってフランス語の勉強までしていただけに、この春休み一番の楽しみを失った落胆は大きく、日々、「あ~なにを楽しみにすればいいのやら」状態でした。

そんな、私をかわいそうに思ったのか、夫が京都旅行に誘ってくれました。

2月後半の3連休、思い立ったのが3日前、普通ならホテルは絶対にとれないでしょうが、インバウンドが減っているため、希望条件を入れて検索してみると、なんと302件もヒットしました!!

ということで、急遽、二人が(それぞれ)青春時代をすごした京都を久しぶりに旅することになりました。

続きます。

| | 2020-03-20 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

夏の旅行 八方池トレッキング編

週間天気予報では雨予報の週末でしたが、ラッキーなことにこの日はまずまずのお天気に恵まれました。

毎年GWに訪れる白馬ですが、夏に来るのは6年ぶりです。今回は標高2060メートルにある八方池までトレッキングするプランでした。

リフト&ゴンドラを3台乗り継いで、まずは八方池駅まで行きます。
そこからは、上級者向きの①尾根コース(景色が素晴らしい)と初心者向けの②木道コースに分かれていて、もちろん私は②を選択!

画像の通り、「木道」はあっても結構急な坂があったり、木道がなく石ころだらけの道を上るところもありました。

写真 2019-08-24 12 01 23

私は一応登山靴もはいていましたが、途中石と石の間に足先がはさまり、転倒。。。ぴえがすかさず持っていた傷ばんで手当てしてくれました。

捻挫とかはしてない感じだったのでそのまま歩き続けると、最初のケルンが見えてきました!!

写真 2019-08-24 12 31 20

そして、歩き開始から1時間15分で八方池に到着です。

写真 2019-08-24 13 22 19

朝食べたっきり空腹だったので、帰り、ゴンドラ駅の兎平の中にある軽井沢で行列のできるイタリアンのお店でランチを食べ(もちろんご褒美のビールも!)、この日のホテルに向かいました。

ECxjkyIU8AATKkq.jpg

まるでスイスのような高原リゾートホテルです。
お部屋はメゾネットタイプにしたので1階はリビングスペースで、2階に寝室がありました。

写真 2019-08-24 16 20 09

窓をあけると高原の爽やかな風が。

写真 2019-08-25 6 57 05

翌朝はホテル周辺の遊歩道を散策し、ホテルの裏に回ってみました。いい感じです♡

写真 2019-08-25 7 46 01

このホテルには英国風のハーブ園があるので、チェックアウト後にはそこも散策し、帰路につきました。

6年ぶりにトレッキングして、大自然の中を歩く楽しさを再発見したので、もっともっといろんな山にも行ってみたくなりました。

| 国内旅 | 2019-09-03 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

2019夏の旅行 黒部峡谷・宇奈月編

今年の夏休みは海外には行かないことにして、国内旅を2つすることにしました。第一弾は夫との自然満喫旅(笑)

1日目は黒部峡谷をトロッコで欅平までいきます。

写真 2019-08-23 10 52 46

トロッコは背もたれがないため、腰が痛かったけど、風が気持ちよく、途中こんなドイツのお城風の建物がありました。これ、発電所です。

写真 2019-08-23 10 52 13

野生の猿がいたり、滝があったりで、終点の欅平までは1時間10分。そこで、富山名物のブラックラーメンを食べ、周りを散策しました。

ECpqzX3VUAAkO66.jpg

帰りは500円位アップして、窓&背もたれのある車両にしたので楽ちんでした~

この日のお宿は、宇奈月温泉の今年3月にフルリノベーションしたレビューの高いところにしました。

お部屋は川側にしたので、こんな風に部屋から黒部峡谷を走る赤いトロッコも見えました^^

写真 2019-08-24 8 19 23

ロビーの一角には、こういうくつろげるコーナーもあり、コーヒーも飲めます。

ECscZKDU4AAVlh-.jpg

自由に弾けるピアノも一台あって、お客さんたちが次々、演奏していました。

食事は朝も夜もバイキングでしたが、スタッフのほとんどが外国人で、ネパールや中国、アフリカからの人もいました。

バイキングはお刺身、お寿司などをはじめとした新鮮な海の幸が多く、翌日の朝は、こんなおにぎりバイキングも!私はイクラのおにぎり食べました。

写真 2019-08-24 7 36 26

大満足で宿を後にして、2日目の白馬へと向かいました。

| 国内旅 | 2019-09-03 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダナンで受難(笑)

ベトナムのリゾート、ダナンに行ってきました。
現在、再就職までのお休み中の夫も一緒の夫婦豪華リゾート旅が一転、夫婦DE食あたり旅になってしまいました(笑)

ホテルは、フランスのホテルチェーン、アコーグループのプルマンリゾートです。

写真 2019-05-31 20 17 53

オープンエアーのロビー奥にはインフィニティーバーがあり、

写真 2019-05-30 18 56 48

プールエリアもリゾート感たっぷりでした。

写真 2019-06-01 16 33 39

ビーチバーもありました。

写真 2019-05-31 20 14 42

初日、13時頃に空港に着き、リバーフロントで地元ビールとランチをしたところまでは元気だった私たち。ビールも1人、2本ずつ飲みました♪

写真 2019-05-30 15 22 37

ホテルからのサービスで1時間無料スパでは、優雅なマダム気分も味わいました。

写真 2019-05-30 18 52 16

しかし、、、、夜ごはんに地元のエアコンのないレストランで食事していたあたりから、、急に気分が悪くなり、ホテルに戻ってからはひどい下痢が始まり、次の日の早朝には嘔吐。。。。。

その日は1日中、ベッドから起き上がれず、5☆ホテルで毎朝食がついていたのに、かろうじてお粥と豆腐の味噌汁を食べただけで、ほぼ滞在中、全く食欲がなく、それどころか、食べ物のことを考えただけで気持ち悪くなりました。つわりのように。。(苦笑)

朝食バフェではフォーやバインミーのコーナーがあったり、こんなおいしそうなパンがずらっとディスプレイされている、「パンの本棚」(←大阪の主婦さん命名)があったりしたのに、滞在中に食べたのは1個のみ。。

写真 2019-06-01 10 36 58

幸か不幸か、夫もなぜか全く食欲がなく、「ま、のんびりしに来たんだから部屋でゆっくりすればいいさ」と、まるで静養にきたように、終日部屋でダラダラという日々でした。

写真 2019-05-30 16 44 35

2日目は丸一日寝ていたので、3日目朝にはほんの少し回復し、二人で早朝、ビーチに日の出を見にいくことができました。

IMG_1218.jpg

隣のホテル(フラマホテル)もお散歩→部屋で休む→朝食(ほんの少し)→部屋で休む→プール→休む→マッサージ→休む

など、ホテル付近中心にちょこっと行動しては、部屋で休むというスタイルを繰り返しつつも、夕方からは、世界遺産の街、ホイアンにも繰り出すことができました。

写真 2019-06-01 20 50 39

写真 2019-06-01 21 02 32

写真 2019-06-01 20 57 58

行きたいカフェや晩御飯を食べるお店もリストアップしていましたが、食欲が二人とも全くないので素通り(泣)

が、こんなかわいい雑貨を買うことができました。

写真 2019-06-08 11 10 51

ホイアンはランタンで有名ですが、ダナンのホテルレストランにもランタンがあり、夜になるとライトアップされていました。

IMG_1211.jpg

最終日は深夜便だったため、チェックアウトぎりぎりまで(ホテルの好意で12時が14時まで延長してもらえました)は部屋で休み、その後は、ダナン市街で買い物、スパなどができました。

日本人オーナーが経営するお店で、念願のバチャン焼の陶器も買うことできました!現在、我が家で大活躍中。香炉も素敵♪

写真 2019-06-08 11 11 34

体調の悪かった私たちが、悪いなりにもお出かけできたのは、なんといっても配車アプリ、Grabのおかげ!!ダナンでは昨年あたりから始まったようですが、GPSで現在の位置情報をオンにして、目的地さえ入れれば、わずか1分!!でGrabタクシーがきます。

料金もドライバーの評価もわかり、車種なども明快で、ぼったくりの心配も言葉の心配もありません。どこにいても、1分で格安で利用でき、目的地の到着予定時間や現在どこを走行してるかもわかり、3月のバンコクでも大活躍でした。

Inked写真 2019-06-01 22 27 10_LI

一時は、病院に行った方がいいか?無事、日本に帰れるのか?など不安もいっぱいありましたが、かくして、なんとか体調が悪いなりにも、行きたかった事、したかったこと、かいたかったものなど、食べること以外はほぼ目的どおりにできてよかったです。

詳しい旅行記は、別ブログ(旅専用ブログ)に綴っていくので、ご興味のある方はお問合せくださいね。

明日は娘のところの孫が1歳のお誕生日なので、両家じじばばば集合でのお祝い会です♪

私たちからのプレゼントはこれ↓

present01.jpg

逆三輪車みたいの。私たちの時代にはこんなのなかったな。すくすく大きくな~れ!

| | 2019-06-15 | comments:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT