||| admin || NewEntry |||
FC2ブログ

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

≫ EDIT

リフォーム日記③ ついに完成しました!

水回りのリフォームが終わりました。

洗面所とお風呂は紺と白を基調にして「地中海風」を目指しました。

写真 2019-07-19 17 18 17

洗面所は縦型のキャビネットではなく、カウンターにしたかったので、プランナーさんお勧めのトクラス製にしました。トクラスは旧ヤマハなので、キャビネットの塗装(?)もピアノと同じで大変美しいという話でした。

また、トイレと同じように、ここにもタイルをあしらい、照明はダウンライトと鏡の上にはおしゃれなものをつけました。

お風呂との壁にはニッチを作り、壁紙はニッチの奥はブルーにしてアクセントをつけました。

写真 2019-07-20 9 26 19

お風呂はTOTOのサザナです。
ショールームであの、ほっからり床を体験すると、他のメーカーは考えられませんでした。

お風呂のアクセントカラーも紺なので、洗面所との統一感がでます。洗面所の床は水に強い長尺シートにし、テラコッタ風のデザインのものにしたので上品な仕上がりになりました。

写真 2019-07-20 16 23 34

洗面所から廊下に出るドアがあったのですが、そこは開かずのドアで使ってなかったので、ドアを撤去し、両サイドからのニッチを作ってもらいました。

下半分は洗面所側で、ドア枠は白に塗装し、100均のつっぱり棒を入れ、バスタオルやバスマットがかけられるようにしたため、便利です。

写真 2019-07-23 7 07 30

上半分は廊下側で3段のニッチを作り、その上には透明のアクリル板の窓を入れたので灯りがとれます。

ここのニッチはこれまでの旅先で買ってきたアジアン雑貨などを飾りたいという思いで作ってもらいました。ここもニッチの奥は別のクロスにして、タイル風でアクセントをつけたのがよかったと思います。

リフォーム前、途中では予期せぬハプニングがいろいろ発生し、ストレスマックスでメンタルがだいぶやられてる時期もあったのですが、仕上がりは期待以上で大満足です。

いまだに、トイレや洗面所に入るたびに、
おおおおお!!!と感激しています。

来年は台所もしたいなあ、、、とは思っていますが、しばらくはのんびりします。笑

| リフォーム | 2019-07-28 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

The kite runner読了

今年6冊目となるThe Kite Runner読了しました。



今回はいつものブックバディーのありーちゃんだけでなく、marukoさん、megpanさんの4人で読み、studyplusでお互いネタバレに配慮しつつも感想をシェアしながら読みました。

読書期間:2019年月6月24日~7月21日
語数:106,895語
本の種類:kindle
難しさ:☆☆☆
おもしろさ:☆☆☆☆☆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
総計:109冊 8,329,393語


読了
哀しくも美しい物語だった。1つ前の章でやめるつもりが、あまりに衝撃的すぎてやめることができなかった。この物語はアミールの償いと成長のドラマなのかもしれない。

偉大な父の元で育ったアミール、痛々しいほど父の愛を求めた少年時代。父に認められた人生最大の日に悲劇はおこり、そこから彼の葛藤が始まる。

舞台はアフガニスタン、アメリカ、パキスタンと史実を交えながら進む。偉大だと思っていた父には大きな秘密があった。その秘密からアミールの人生の新しいステージが始まる。

空に舞う凧、このタイトル。意味深い。

5年前に読んだときに途中で挫折した本をこうして感動とともに読了でき、私自身の成長も感じることができました。

| 多読 | 2019-07-22 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

リフォーム日記② 理想のトイレが完成!!

苦節1週間の仮設トイレ生活を経て、ついについに、トイレが完成しました!!

写真 2019-07-10 14 19 18

一目ぼれした、「トイレ界のベンツ」と言われる(笑)TOTOのネオレストです。

写真 2019-07-10 15 36 07

クロスは3面は白にして、1面は大きなタイル模様にし、さらにアクセントをつけるために、モザイクタイルを5段貼りました。

トイレのキャビネットやカウンターは当初、白のプランでしたが、奥のカウンターもダルブラウン(こげ茶)にしたのでそれに合わせたら、高級感が出て落ち着いた感じになりました。

写真 2019-07-11 6 26 49

タンクレスにすることで、手洗い器をつける必要がありました。

これがまた高いので、、最初、手洗い器はつけず、洗面所で手を洗います!と血迷った時期もありましたが、結果的にはつけてよかったです。

写真 2019-07-10 13 05 54

配管が出ない隠蔽タイプなので、トイレ周りがすっきり。

コンセントは当初、左の壁面につく予定でしたが、それだと便器からコンセントの線が床面を横切ることになって露出するので、後ろの面につけてもらったら、これまたすっきり。

写真 2019-07-10 13 02 04

照明は、ペンダントタイプ(天井から吊り下げる)でアンティークな感じのものがいいと提案され、こんな感じに。

写真 2019-07-10 19 45 20

想像以上の出来栄えに大満足です。
今日は工事がお休みで、ほっと一息つけます。

明日はお風呂が完成予定で、明後日からは入れるそうです。そのあと、洗面所のリフォーム。

さらに、廊下から洗面所に入るドアを撤去して、そこに両側からのニッチを作り、廊下、玄関ホールのクロスも張り替えるので、全体の完成は19日の予定です。

※リフォーム日記のカテ作りました。

| リフォーム | 2019-07-11 | comments:4 | TOP↑

≫ EDIT

マラリア

1999年に採用され、今年で講師生活20年になるA大学は国立の総合大学で、世界60か国以上からさまざまな専門を持つ留学生たちが来ています。

日本語が専門の学生はほんの少数で、ほとんどの学生は自分自身の専門の研究のために留学していて、うちの大学では少なくとも修士課程、だいたいの学生は博士課程に在籍しています。

そんな専門を持つ彼らにとって、正直、日本語学習は専門外であり、日本で生活する上でのサバイバルな目的での履修が多く、専門での研究が忙しくなると、日本語学習はどうしても後回しになってしまうという現状があります。

今日の授業の後、

≫ Read More

| 日本語講師 | 2019-07-09 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

リフォーム日記① 始まりました!

トイレ、洗面所、お風呂のリフォームが始まりました。

初日は解体屋さん、電気屋さん、水道屋さん、現場監督、プランナーさんなどなど、入れ替わり立ち代わり10名ほどが来ては、あれこれ打ち合わせをしたり、作業をしたり。

玄関ドアは開けっ放しで、もう出入り自由、自分のうちであって私のうちではないよう。

解体時の音、粉塵、廊下には養生シート、玄関には建材などなど、まるで家の中が工事現場のようです。ほぼ1日で解体は終わりました。

洗面所とお風呂はこんな感じに。

≫ Read More

| リフォーム | 2019-07-07 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

夫の退職に伴う手続きいろいろ(備忘録)

今年の3月末で夫が退職しました。
それに伴うもろもろの手続きを備忘録として書いておきます。

私は現在、社会保険に関しては夫の扶養内で働いているので、夫が仕事をやめるともれなく私に影響がでるため、調べに調べた上での各手続でした。

1.健康保険
健康保険職場でかけていた協会けんぽの「任意継続」にするか、国民健康保険にするか迷いに迷いました。まずは、自分でそれぞれの保険料を計算してみました。

そのうえで、まずは3月中に市役所に出向き、私の計算で合ってるか見てもらい、その上で任意継続でいくことにして、4月1日に夫婦で協会けんぽへ出向き、金額を確かめたあと手続きしてきました。

4月は混むので保険証が手元に届くまで3週間近くかかるが4月1日付で適応になるとのこと。

実際に届いたのは4月19日。

≫ Read More

| シニアライフ | 2019-06-30 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

A Thousand Splendid Suns読了

今年5冊目となるA Thousand Splendid Sunsを読了しました。



読書期間:2019年月5月9日~6月23日
語数:101,935語
本の種類:kindle
難しさ:☆☆☆
おもしろさ:☆☆☆☆☆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
総計:108冊 8,222,498語


素晴らしい本でした。
悲しくも美しい物語です。
ひとりでも多くの方に読んでもらいたいなあと思える一冊でした。

物語の舞台はアフガニスタンです。
主人公はマリアムとライラ、二人の女性です。

なんと、このマリアムは

≫ Read More

| 多読 | 2019-06-23 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

予期せず英検1級1次試験に合格した方へ

おはようございます。
昨日は久しぶりにアクセス数が増えていて(笑)、なぜ?と思ったら英検の1次試験の結果発表の日だからのようでした。

twitterやスタプラを見ていると、「自信がなかったのに合格してしまった」とか、「まさかのエッセイで満点で合格」、「合格は考えてなかった。どうしよう2次面接まで2週間。。。」のような書き込みを目にしました。

2017年の第二回の結果を見た時の私が、まさにそんな気分でした。合格を喜ぶより、

え?!受かってしまった。。。
面接どうしよう、、、、

というのが正直な気持ちでした。合格を喜ぶ余裕がなく、喜びよりも戸惑いという感じ。。

そこで、久しぶりに自分の体験談などちょっと書いてみようと思います。

①心構え
まずは、「逃げずに受けること」。
2週間しかないし、、、、受けたくない。受かるはずもないし、、、というのが誰しもが思う正直な気持ちかと思います。私もそうでした。

英検の2次は1次合格者は4回受けることができるので、「今回は準備不足だからパスして、残り3回をしっかり準備して受けよう!」という誘惑に惑わされそうになります(笑)

でも、でも、貴重な1回です!!
この1回をみすみす放棄すると残りが3回しかありません。
3回ともダメだった場合は、ま~た、1次から受けなくてはいけません。

だったら、この1回を「次につなげるための下見」だと思って、とりあえずは「受験する!」ことにしてください。勇気を出して!

②本番までになにをするか
気負わないでください。
なかには「1次合格の勢いでそのまま合格」という人もいるとは思いますが、多くは玉砕します。

私もその1人でした。
自分で言うのもなんですが、私は4技能の中では、スピーキングが一番得意だと思っていました。オンラインの先生方からも、「あなたはadvancedだ」と何人からも言われていました。だから、錯覚していました(笑)

なので、本番は「しゃべり倒せば合格する」と思いこんでいました。で、実際に1秒の沈黙もなくしゃべり倒しましたが、不合格になりました。その時のスコアは↓

short speech 4/10
interaction 7/10
grammar and vocabulary 6/10
pronunciation 4/10
------------------------
  total 21/40

なので、基本、初回は「落ちてもともと」ぐらいのつもりで気楽に臨むといいです。

前置きが長くなりましたが、とにかく落ちてもともとのつもりでいいので、本番までは、

・1級2次試験とはどういうものかチェック
・スピーチの2分という長さを身体にしみこます
・過去問セットを見て、お題の英文になれる
・過去問セットを見て、自分ならどれを選ぶか考える
・これまで書いたエッセイを音読(できれば暗誦する)

ぐらいができれば十分かと思います。

③下見としての受験で必要なこと
地元で受けることができる人はいいですが、私の場合は1泊で京都で受けました。試験会場は立命館大学でした。方向音痴の私ですので、

・前日に会場の下見に行く
・ホテルからの交通機関をチェック
・会場周辺の飲食店や時間をつぶせそうなところをチェック
・キャンパス内(広い)での受験場所もチェック

などをしました。
試験当日は早めに会場入りすると思いますが、そこから受付開始までどこでどう時間を過ごすかをイメージしておくといいです。

私は1回目のときは、徒歩5,6分の竜安寺に行き、そこで外国人を捕まえて話しかけてウォーミングアップしたり(←気負ってる)しました。2回目のときは近くの中華のお店で昼ご飯を食べ、キャンパス内のタリーズで時間調整と最後の確認をしました。

特に2回目は京都マラソンの開催日と重なり、交通機関が大幅に制限されたため、かなり時間に余裕をもってホテルを出ました。そうそう、あまりに時間があったので、ランチの前には、「わら天神」に行き、娘の安産祈願までしたのでした。(そのかいあって、その4か月後に無事男の子出産!)

とにかく、不慣れな場所で受験する方は、1回目の受験時でだいたいの周辺の環境などつかんでおくと、落ち着いて2回目以降受けることができると思います。

④本番では
前述しましたが、とにかく舞い上がらず落ち着くことです。スピーキングな得意だと思い込んでいて、1秒の沈黙もなくしゃべり倒し、内心、これは受かったかも?と思っていた私が(もう一度貼り付けますが)、

short speech 4/10
interaction 7/10
grammar and vocabulary 6/10
pronunciation 4/10
------------------------
  total 21/40

このような惨憺たる結果だったのは、ひとえに、「英検が求める英語ではなかったから」です。正直、この結果を受け入れるまでには時間がかかりましたが、「ただ喋れればいいのではない」と思い、英検のHPでも見ると、「品格のある英語」という言葉に、そうか、、、と思いました。

11月に大惨敗から次回の2月までに心を入れなおして準備した結果、

short speech 10/10
interaction 10/10
grammar and vocabulary 9/10
pronunciation 8/10
------------------------------
total 37/40

という、3か月前からは思いもつかない高スコアで合格することができました。その過程の話は、過去記事にあるのでよければ読んでみてくださいね。

ちなみにこの時のスピーチと質疑応答は以下の記事に臨場感たっぷりで書いています。

英検1級面接レポ①スピーチ編

英検1級面接レポ②質疑応答編

⑤最後に
以上、お伝えしたいのは、予期せずに1次に合格してしまって、今はどうしよう、、、と焦ったり、今回は見送ろうかと思ってるかた、どうぞ「下見」だと思って、気負わず気楽に受けてみてくださいということです。

実際に会場に足を運ぶだけで、たくさんの気づきがあります。なにより、1級1次に合格してこの日、自分と同じ面接を受けようとしている人がこんなにもいるのか!!という空気感にまずは感動し、次回へむけてのモチベーションがアップしました。

ふだんはSNS以外では自分の周りに1級に向けて勉強している人は皆無に近いのに、京都会場だけでもいろんな年齢層の100人ぐらいは1級面接にいて、なんだかその一人一人のそこまでにいたるプロセスとかを想像しただけでも熱い思いがこみあげてきました。

ちなみに服装については、「スーツだと受かる」とか聞いたこともありましたが、関係ないようです。私の場合は、普段仕事に着ていくようなカジュアルとフォーマルの間ぐらいの服装でした。2回とも(笑)同じような服装で行き、1回目は不合格で2回目は合格だったので、服装は関係ないことが実証されました(笑)

では、これを読んでくれる方の一人でも多くの方が気楽に2次に勧めますように!

| 英検1級 | 2019-06-18 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダナンで受難(笑)

ベトナムのリゾート、ダナンに行ってきました。
現在、再就職までのお休み中の夫も一緒の夫婦豪華リゾート旅が一転、夫婦DE食あたり旅になってしまいました(笑)

ホテルは、フランスのホテルチェーン、アコーグループのプルマンリゾートです。

写真 2019-05-31 20 17 53

オープンエアーのロビー奥にはインフィニティーバーがあり、

写真 2019-05-30 18 56 48

プールエリアもリゾート感たっぷりでした。

写真 2019-06-01 16 33 39

ビーチバーもありました。

写真 2019-05-31 20 14 42

初日、13時頃に空港に着き、リバーフロントで地元ビールとランチをしたところまでは元気だった私たち。ビールも1人、2本ずつ飲みました♪

写真 2019-05-30 15 22 37

ホテルからのサービスで1時間無料スパでは、優雅なマダム気分も味わいました。

写真 2019-05-30 18 52 16

しかし、、、、夜ごはんに地元のエアコンのないレストランで食事していたあたりから、、急に気分が悪くなり、ホテルに戻ってからはひどい下痢が始まり、次の日の早朝には嘔吐。。。。。

その日は1日中、ベッドから起き上がれず、5☆ホテルで毎朝食がついていたのに、かろうじてお粥と豆腐の味噌汁を食べただけで、ほぼ滞在中、全く食欲がなく、それどころか、食べ物のことを考えただけで気持ち悪くなりました。つわりのように。。(苦笑)

朝食バフェではフォーやバインミーのコーナーがあったり、こんなおいしそうなパンがずらっとディスプレイされている、「パンの本棚」(←大阪の主婦さん命名)があったりしたのに、滞在中に食べたのは1個のみ。。

写真 2019-06-01 10 36 58

幸か不幸か、夫もなぜか全く食欲がなく、「ま、のんびりしに来たんだから部屋でゆっくりすればいいさ」と、まるで静養にきたように、終日部屋でダラダラという日々でした。

写真 2019-05-30 16 44 35

2日目は丸一日寝ていたので、3日目朝にはほんの少し回復し、二人で早朝、ビーチに日の出を見にいくことができました。

IMG_1218.jpg

隣のホテル(フラマホテル)もお散歩→部屋で休む→朝食(ほんの少し)→部屋で休む→プール→休む→マッサージ→休む

など、ホテル付近中心にちょこっと行動しては、部屋で休むというスタイルを繰り返しつつも、夕方からは、世界遺産の街、ホイアンにも繰り出すことができました。

写真 2019-06-01 20 50 39

写真 2019-06-01 21 02 32

写真 2019-06-01 20 57 58

行きたいカフェや晩御飯を食べるお店もリストアップしていましたが、食欲が二人とも全くないので素通り(泣)

が、こんなかわいい雑貨を買うことができました。

写真 2019-06-08 11 10 51

ホイアンはランタンで有名ですが、ダナンのホテルレストランにもランタンがあり、夜になるとライトアップされていました。

IMG_1211.jpg

最終日は深夜便だったため、チェックアウトぎりぎりまで(ホテルの好意で12時が14時まで延長してもらえました)は部屋で休み、その後は、ダナン市街で買い物、スパなどができました。

日本人オーナーが経営するお店で、念願のバチャン焼の陶器も買うことできました!現在、我が家で大活躍中。香炉も素敵♪

写真 2019-06-08 11 11 34

体調の悪かった私たちが、悪いなりにもお出かけできたのは、なんといっても配車アプリ、Grabのおかげ!!ダナンでは昨年あたりから始まったようですが、GPSで現在の位置情報をオンにして、目的地さえ入れれば、わずか1分!!でGrabタクシーがきます。

料金もドライバーの評価もわかり、車種なども明快で、ぼったくりの心配も言葉の心配もありません。どこにいても、1分で格安で利用でき、目的地の到着予定時間や現在どこを走行してるかもわかり、3月のバンコクでも大活躍でした。

Inked写真 2019-06-01 22 27 10_LI

一時は、病院に行った方がいいか?無事、日本に帰れるのか?など不安もいっぱいありましたが、かくして、なんとか体調が悪いなりにも、行きたかった事、したかったこと、かいたかったものなど、食べること以外はほぼ目的どおりにできてよかったです。

詳しい旅行記は、別ブログ(旅専用ブログ)に綴っていくので、ご興味のある方はお問合せくださいね。

明日は娘のところの孫が1歳のお誕生日なので、両家じじばばば集合でのお祝い会です♪

私たちからのプレゼントはこれ↓

present01.jpg

逆三輪車みたいの。私たちの時代にはこんなのなかったな。すくすく大きくな~れ!

| | 2019-06-15 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

垣谷美雨さんにはまりつつあります

FBのお友達に垣谷美雨さんの本は面白いよ~と教えてもらい、検索してみると、すごい人気で図書館でもほとんどが予約待ち。

そんな中でたまたまた貸し出し可だった本をまず、1冊目として借りてみました。



いや~面白かった!!
地方から上京し女子大生になった女性3人の10代から50代までの物語なんだけど、著者が私と同じ1959年生まれということで、登場人物も同じ年齢の設定のようで、もう、時代背景がまさに私が生きてきた時代とぴったり一致!!

私も地元を離れ、大学での一人暮らしを経験しているので、共感できることだらけ。当時流れていた曲、ファッション(ハマトラ)など、あ~~~あった!あった~!!という感じ。

その3人の女性たちが結婚してそれぞれ家庭を持ち、子供を育てる中での葛藤、子供たちの立場からの章、読んでいてあきることなく2日で読了しました。特に私と同年代の女性たちにお勧めです。

次は、まさに私が直面している問題?!



これも面白かった!

東北大学を卒業し大手石油会社の部長までつとめた主人公の定年後の気づき。

男は外で仕事、女は母性本能のかたまりで専業主婦としての子育てをただ楽しんでると思っていたステレオタイプの彼が、突然頼まれた孫の保育園のお迎えをきっかけに変わっていく。

奥さんがなぜ自分につめたくなったのか、夫源病になったのかにも気づいていく。まさに私年代にぴったりの1冊だった。

タイトルから勝手に、奥さんが定年の夫を改造していくのか?と思っていたら、終始夫からの目線での語りだったのもある意味面白かった。

3冊目は、



まだ冒頭の部分だけ。
スーパーで買い物中の福子が大地震にあい、車に乗って勤務先に向かう途中大津波に遭遇。流れてくるものにつかまりながら1軒の民家の二階の窓から入り、そこの住人の老女とともに他にも流されている少年などをあらゆる手段で助けて家の中になんとか救出するところまで。

私は気に入った作家がいると、ずっとその著者が書いたものを順番に読んでいくパターンが多く、現在も手元には、



があり、その他以下の本を始め他に5冊ほど図書館で順番待ちをしている。



どれも300ページ台だが、同じようなページ数の洋書だと1か月かかるのが、和書だと2日で読めてしまう。やっぱり母語は違うな~笑

ということで、週末も和書、洋書とも楽しもうと思う。

3月末からリサーチを始め、3社で見積もりをとったリフォームもようやく1社に絞り契約成立!
日曜はTOTOのショールームで打ち合わせしてきます~

洗面所やトイレには壁面の一角にタイルコーナーを作り、そこにモロッコ風のタイルでアクセントをつけるつもりだし、洗面所から廊下のドアをつぶし、両側から棚をしつらえ、ミニギャラリー風にすることにもし、わくわくしながらすすめています。

| 本の紹介 | 2019-05-17 | comments:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT