||| admin || NewEntry |||
fc2ブログ

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

≫ EDIT

脳神経内科/眼科/リフォーム会社/植木屋/孫17人!

超ハードな1日でしたが、充実感でいっぱい。

まずは朝8時半、父の脳神経内科の付き添い。
先日来の下半身の脱力、しびれ、ふるえの原因を探るための受診。

結論から言うと異常なし!
しいて言うなら、

Transient Myoclonic state with Asterisksという症状

和名はないが、
transient は一過性
myclonicは不随意運動
asterisksは固定姿勢保持困難

高齢者が疲労などから一時的になるものらしい。
MRI画像等でも脳には全く異常は見られず、心配いらないとのことでまずは安心。

大学病院から来られてる先生でしたが、
とても感じよく、1つ1つの診断や説明も的確で安心できました。

父を送り届け、次にリフォーム会社へ

2階窓からの雨漏り修繕工事、住宅メーカーの見積もりがあまりに高いので、相みつをとるためネットで評判の良かった会社に行ってみました。

担当者から後ほど電話しますということで、次は眼科へ。

両親のことで忙しく、私自身の受診、半年間できていませんでした。
持病の緑内障、今回は視野検査があるため、まとまった時間があるときにと思って延び延びになってしまっていました。

眼圧は19と18
もっと下がって欲しいけど、いつもこのくらいです。

視野検査では、右は変わりなし
左の視野は悪くなっていました。。
左の下の方にも見えないところが増えていました。

ただ、目のCTであるOCTでは変わりなし。
なので、あまり気にせず、たまたま今日は視野検査のボタンを押すときの集中力が欠けていたのかも。

と、思うことにします(笑)
眼科にいるときにリフォーム会社から電話あり。
夕方5時に自宅に来てもらうことに。

お弁当屋さんで、お弁当や夏野菜のマリネなどお惣菜を買って帰宅し、昼食。

先月からU-NEXTに入っていて、今は「きのう何食べた」のシーズン2を見ています。それを見ながら昼食。満足♪満足♪

夫と弟夫婦に父の結果をLINEで伝え、その後お昼寝(笑)

17時きっかりにリフォーム会社の方来訪。
雨漏りの個所とシーリング(コーキング)が切れてるところを伝えると、

まずはその部分補修からということに!

家を建てたハウスメーカーから提示されていた金額は22万でした。さらには、今後に備え、雨漏りしている西面の壁を金属サイディングにする提案設けていて、その金額がなんと117万?!

今日のリフォーム会社さんは、コーキングが切れてることで雨漏りの原因はほぼ特定できてるので、まずはその部分のみの補修で様子をみて、それでだめなら次を考えていきましょうと。

オフィスに戻られた後、電話がありました。
さて、金額は?

ハウスメーカーの22万に対し、
なんとなんと4.4万!!

220,000!!→44,000円!!
5分の1です。

工事内容にも納得がいき、そちらでお願いすることに!

携帯を見ると不在着信が
植木屋さんでした。

大きくなりすぎた樫の木の伐採や家の前の植え込みのサツキを伐採してそこに今風のおしゃれなアオダモを植えて、足元には低木、そして地面にはおしゃれな砂利(福井珪石)を敷いてもらう工事を依頼していました。

その日程が決まったと。
来週です!
よかった!

いろいろなことがあった1日でした。
視野が悪くなっていたのはちょっとがっかりだったけど、それ以外はすべていい方向に!

時間は6時半すぎていたけど、
お散歩に出ました。

夕日がきれいでした。
夕焼けでした。

S__86327298.jpg

角を曲がれば家というところで、
ぴあのさん!!と話しかけられました。

息子のサッカーのママ友です。
以前カーブスで一緒だったけど、私がやめて別のジムに行ったので会うのは3年ぶりぐらいかな?

彼女には子供が4人いるのですが、
なんと、孫がそれぞれ7・3・3・4で合計17人になったと!!

しかも一番上の兄ちゃんが東京転勤になるとき、7人の孫のうち5人がここに残りたいと言ったため、自宅で孫5人と生活してきたと。

もともとバイタリティーのある彼女ですが、孫5人と同居!しかもパパ、ママ抜きで。

忙しいけど、楽しいよ~
癒されるよ~

たかだか両親の病院付き添いなどでバテてる場合ではありませんね(笑)
応援クリックして頂けると励みになります!
   ↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

| 近況・日常生活 | 2024-05-17 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

娘の誕生日にフレンチランチ♪

今週の火曜、娘の誕生日でした。
ダンナさんがお休みをとってくれて二人でランチすると聞いていました。

朝、おめでとう一番乗りを狙って7時前にLINE
すると、ダンナさん午前中急に仕事が入ったそうで、母さんランチしない?と。

喜んで!!

今週は月水木で大学の授業があり、
金曜は父の脳神経内科の受診があるため
火曜のみがたまたまあいていたのです。

それから、お店をどこにするか怒涛の検索
娘が子供たちを保育園に送った後、
お互い調べた良さそうなお店のリンクを送り合う。

ところが、もしかして、
イタリアンやフレンチは火曜が休み!
というルールでもあるのかと思うくらい、
リストアップしたお店はことごとく定休日

水曜定休で良さそうなお店があって電話するも
なんとこの火曜は臨時休業と。。

相談すること1時間、
ついによさげなお店が見つかり、
しかもギリ、最後の1組で予約がとれました!

娘とのランチ、いつ以来だろう?
車で迎えにきてもらいました。

2人とも初めて行く郊外のお店
娘はお肉が食べたいと言い、お肉とお魚の両方がメインでついているランチを。

さらに娘はパスタランチの+400円のカニのクリームパスタも食べたいというので、私がそれをオーダーし、すべて二人でシェアすることにしました。

まずは前菜で~す。

S__30498821.jpg

こういうの見ると我慢できず、
私は白ワインをグラスで注文。
娘が運転手だから飲めるんですよね~

続いて娘のコースについてるトマトの野菜パスタ

S__30498823.jpg

見た目も色もよく似ていますが、これが娘が食べたいと言ってた、カニのクリームパスタ

どちらも美味しいけど、娘のコースにはこの後にメインのお肉とお魚料理がくるから、その量をみないと、どこまでパスタ食べたらいいかわからないよね(笑)

なんて、話しながら、フォカッチャも控えとく?なんて言いながらメインを待ちました。

S__30498822.jpg

じゃ~ん!
お肉とお魚のプレートがきました!

S__30498824.jpg

お肉は牛ステーキでお魚は鮭
グリル野菜もおいしそう!

普段は娘の子供たちに邪魔されて(笑)なかなか母娘での会話ができないのですが、この日は娘の仕事の話や、孫たちのこと、じいちゃんやばあちゃんの様子、うちのリフォーム計画の話、さらには、お互いの投資や株の話などもゆっくりできました~。

次はデザート。
お店の人に、今日は誕生日なんですよ~と言えば、プレートにHappy Birthday!とか入れてくれたかもしれないけど、娘がもうそんな年でもないし、言うな~というので、自粛しました(笑)

S__30498825.jpg

お腹がいっぱいすぎて、パスタが残ってしまったけど、持ち帰り用につめてくれたので、それを午前の仕事を終えて帰ってくる、だんなさんの昼食に(笑)

いったん、娘の自宅に寄り持ち帰りパスタを置いたあとは、2人で雑貨店でショッピング。

何かプレゼントを買ってやりたくて、好きなものを選んでもらったんだけど、2軒回っても、娘は、

「最近物欲がなくて~」と(笑)
欲しいものは子供たちのものばかりだそう。

じゃ、また何か欲しいものあれば考えといてね~と言い、
うちまで送ってもらいました。

ホテル勤務の娘で
最近はインバウンドのお客さんが多く
時には週末も出勤して忙しそうだけど、

今の仕事が大好きで、
世界中からのいろんな国のゲストと話してる時もすごく楽しくやりがいがあるそう。

先日は台湾からのツアー客が多く、
朝のチェックアウトの時、

英語で対応しながら次々とお客様を見送っていたら、
別のスタッフから、

「さっき、〇〇さん(←娘)が英語でご挨拶されてたお客様は日本の方でしたよ」と言われたそう(笑)

小さい頃から恥ずかしがり屋だった娘が
大学での一人暮らしや
アメリカ留学を経て、
今では人との交流が大好きな娘に

これまでも何度かブログに書いたことがあるけど、
娘が生まれたのはその年の5月の第2日曜で母の日でした。

その日、産まれたばかりの娘を見て、
母が、

「今年の母の日は孫娘をプレゼントしてもらったわ!!」
と喜んでいたのを思い出します。
応援クリックして頂けると励みになります!
   ↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

| 近況・日常生活 | 2024-05-16 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

父91歳の様子と母の退院プラン/今、思うこと

先週土曜に退院した父。
まだ母が入院中なので今は一人暮らしです。

食事は宅配弁当がメインで、
お昼は月曜から土曜まで毎日
夜は月水金の週3回

夜のお弁当どんな感じかと思ったら
今日のはブリがメインでなかなか豪華でした

S__30515214.jpg

父の自炊力は、
・ご飯を炊くのとお味噌汁を作るのは苦にならない
・出汁を買っておけば、うどんやそばは作れる
・卵も焼ける
・鮭も焼ける!

という感じで91歳にしてはなかなかかな~
あとは、野菜を洗ってのサラダや、お豆腐やわかめなど買ってきて、食べたりもしているようです。

なので食事に関しては私の負担はかなり減りました。
が、やはり高齢者、10日の入院で、体力、筋力はかなり衰えたようです。

家の中の歩行は(手すりも多いので)問題ないけど、
昨日、近くの銀行まで歩いて行こうとしたら、自分でもびっくりするくらい不安定で

家に戻って、母の杖を持ち、
なんとか杖をつきつき、銀行まで行ったようです。

「もう、これじゃあ、施設に入らないといけないかも、、」
と今朝不安そうでしたが、

「10日も入院して、まだ退院して3,4日しかたってないんだも、それが普通だよ。10日入院だから体力戻るのに最低でも10日はかかるよ」と言ってきませました。

今日は午後から母を病院に迎えに行き、一時外出で自宅へ。

訪問看護師や訪問リハビリ、ケアマネさんなど集まって、退院後の生活のシュミレーションや動線の確認など。

・寝室からトイレまでは大丈夫そう
・家の中の歩行も杖なしで手すりにつかまりながらで大丈夫そう

一方でお風呂は転倒の恐れもあるので自宅での入浴は避けたほうがよさそう。

なので、退院後はデイサービスでの入浴をする方向で今後の予定を組みました。

今のところ、
来週火曜に退院し、そこから2週間医療保険を使っての訪問看護。
週1で訪問歯科と訪問リハビリ
金曜にデイサービスの体験

母がデイサービス嫌がると思ったので、あらかじめケアマネさんに母が趣味を楽しめそうな手芸など手仕事のあるところを探してもらっていました。

意外にも母は興味を示し、行ってみたいと!
気に入ってくれて、週2で通えるようになればいいなと思います。

その後、母を病院に送り届け帰宅。

母、元気になると、そのバロメーターともいえる、毒舌が、、💦

初めは「元気になった証拠だ!」と大人な受け止めをしていたけど、なんかね~私なりに一生懸命やってるのに、ちょっとなんだかな~と思う瞬間が今日もちょいちょいありました。

なので、病室に送り届けたらすぐ退散。

私、自分の通院とかもずっと後回しにして両親最優先で考えてるんだよ~

なのに、
「ぴあの、私たちのことでやりがいがある毎日でいいでしょ」
「いきがいになってるでしょ」
はないよね~

「ぴあのも勉強になるでしょ~」
とかね。

父には、「ぴあののおかげだよね。あの子がいればこそだ」と感謝の意をよく話してるそうだけど、なんというか昔から素直じゃないというか天邪鬼的なところがあるんです。

ま、確かに母や父のことを通して自分の将来のシュミレーションや年取るとこうなるんだ~だったら今のうちに~しなきゃと勉強にはなってるけどね。

今日も、歩き方が変!っと何度も言われた。。。
ま、いままではそんなことに気づけないくらい自分がしんどかったんだろうから、これも元気の証だろうけどね。

なんかね、最近思うんですよね。
120%の力で全力以上でサポートするぞ!みたいな気負いはもうやめようと。

もちろん両親は大事だけど、
もう十分生きたよね~と。

なんか自分で全部かかえて、
ケアマネさんや看護師さんや先生などと話す機会には、
あれも聞かなきゃ、これも言っとかなきゃって、

でも、私は結局のところ素人なんですよね。
その道のプロにお任せしておけばいいんですよね。

なので、今日はディケアの体験のための持ち物に
インスリンや血糖値測定器などどうするかとか、
体験は1か所だけでいいのかとか
そういうのすべて

お任せします!

と言ってきました。
看護師さんからディサービスに母の状況を事前にお知らせしておいてくれるそうです。

持ち物も前日の訪問看護のときに
準備しておいてもらおうと思います。

ケアマネさんは3か所ピックアップしてあるので
順番に体験できるようにするつもりと言ってたので
日程含め、全部お任せしました。

もう、私がでしゃばるのはやめます。
結果だけ、報告だけもらえばいいかと。

ここまでいろんな書類、全部私が代わりに書いてきたけど、
今日は、両親とも介護認定見直しの申請書、
ケアマネさんに言わた通りにそれぞれ自分で書いてました!

父が「手がしびれるのかやっぱり字が震えてる」と言ってました。

以前なら、はっ!やっぱり神経に何か疾患があるのでは?と
思ったけど、今日はスルーできました。

というのも、
今日、看護師さんに父が足に力が入らず昨日銀行まで行くのに杖が必要だったと言うと、

「そりゃそうですよ!だって91歳ですよ!しかもまだ退院してすぐだし」とキッパリ!笑

なんかすっきりしました。

91歳だもん、そんなもんだよ~と思えば
す~っと楽になりました。

とはいえ、明後日は父の脳神経内科の受診日。
「必ずご家族と来てください」と言われてます。

そういう、「必ず」しなきゃいけないこと以外は
私、もっと手抜きしてもいいのかな~
と、今になってやっと気づきました。

いったいいつまで続くかわからない両親サポート
手抜きを悪だと思わず
長続きのコツぐらいにとらえようかと思います。

ほんと、
根が真面目で、完璧主義的なところがある私だから
自分で自分の首をしめるんですよねー

ほどほどに、
なにごとも。

なにかあっても仕方ない
くらいのつもりで。

ちょっと過保護すぎたのかも笑

~10分後~

今、父からLINEがきました。

「今日もご苦労様でした。いつもありがとう。ばーちゃんは意外と元気でしたね。帰りもスムーズに行けましたか?では、明後日、お願いします」

こういう素直な気持ちでくると、、また、がんばんなきゃ!と、つい思ってしまう笑

(※1つ前の記事、タイトルの漢字変換がおかしかったので削除しこの記事に書き直しました)
応援クリックして頂けると励みになります!
   ↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

| 両親 | 2024-05-15 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

「これで癒されてね」娘からの母の日ギフト

日曜、母の日、娘から

「今、家にいる?」とLINE

もしや~母の日だからかな?
いるよ~と返信すると、来月で3歳になる次男君を連れてやってきました。

「母の日おめでとう!」と差し出されました~

S__30490626.jpg

「母の日って、ありがとうでしょ?」と、つっこむ私(笑)
うちの娘、小さい頃からずっと、母の日は「おめでとう」なのです。

ま、どっちでもいいんですけどね。
で、なんだろう?

「あけてみていい?」
「いいよ~。これで癒されてね!」

ん?癒されて?
なんだろう??

と、あけてみると、
ネックリフレッシュ??

S__30490628.jpg

これを首にあてると、
温熱が入って、

鍼灸モード
マッサージモード
スージングモード
指圧モード

などなど全10種類のモードが搭載されています。

S__30490629.jpg

そして強さは1から15までの15段階

両親のことで奔走してる私のことを思い、少しでもリラックスできるように選んでくれたようです。

レビューがすごくよかったから!
というので楽天を覗いてみました。




お客さん満足度98.3%!!

充電が終わり、早速使ってみました。
なるほど、これは癒されるわ~
いろんなモードを強さをかえつつ、試す試す

首がじんわり温かくなり、
ほどよい感じでほぐされていきます。

重さも98gでとっても軽いので、これは旅行にも持っていけるわ!
応援クリックして頂けると励みになります!
   ↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

| 近況・日常生活 | 2024-05-14 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

父、無事退院!/弟夫婦からの贈り物

10日間の入院を経て父が無事退院しました。
その退院に先立ち、木曜に京都の弟から電話。

母の日に贈り物がしたいとママ(お嫁さん)がいろいろ準備したんだけど、実家はいま誰もいないから、ぴあさんの所に送ってもいいかな?

で、昨日のお昼ごろ弟夫婦からの贈り物が届きました。

1DF274B7-BC50-4417-B394-8681CDB1265A.jpg

義妹が手作りの押し花にありがとうの文字をいれて額に入れたものや、

S__30441478.jpg

病院で使って欲しいと靴下やガーゼタオルをきれいにラッピングして、父、母へのメッセージカードが添えられていました。

そして、両親ともに大好きな京都の筍しぐれのセット。我が家の分も送ってくれました。

アマゾンでも買えるようです。

母が退院するまで父の1人暮らしが続くので、その間のお惣菜やおつまみにもなればとの配慮かなとも思います^^

さらには、私のリクエストで、「もり」の「旬かさね」も!

S__49315842.jpg

これ、今年の3月の京都ひとり旅の時、店員さんに勧められて買ったのですが、お漬物がミルフィーユ状になってて美味しくてすっかり気に入りました。

S__30441480.jpg

弟は両親のこと、私がキーパーソンで動き回ってるのが心苦しいようで、なんでもリクエストしてくれというので、これと、すぐきをお願いしました。

さらにさらに、投資信託や株を手広くやってる弟が読破したという初心者用の株の本も2冊入れてもらいました。

日々、両親のことで疲労困憊の私でしたが、こういう弟夫婦の心遣いが嬉しく元気になれました!

父の退院時間に合わせて、病院へ行き、母には義妹からの母の日ギフトを渡し、その後、父は退院。無事に実家につきました。

結局、足に力が入らず急に歩けなくなった原因はいろんな検査を経ても今のところ原因が特定できずだったけど、入院後10日たっても同じ現象が起こらないのでまずは一安心かと。

家について、そのまま、じゃあねと別れて、父が退院した夜に一人ご飯というのは寂しすぎると思い、夜は父の退院祝いをすることにしました。

父は、私たちに一番いいお寿司をごちそうしたいと言い、夫がスーパー内の鮮魚店に買いに行ってくれました。父からは1万円預かり、とにかく一番いい上等の寿司を買ってきてくれ!と。

これ、いくらも崩れていて写真映りは今イチですが、大トロや本マグロなど12貫入ってるお寿司を夫が買ってきてくれました。

S__30441475.jpg

夕方までは退院時の荷物を片付けたり、訪問看護開始にあたっての銀行引き落ちの手続き用紙を書いたり、留守中届いた郵便物の確認などし、晩御飯。

まずは、「じいちゃん、退院おめでとう!!」と乾杯。

S__30441477.jpg

夫が作ってくれていた肉じゃが、ハムサラダ、麻婆豆腐(写真イマイチ💦)、キュウリの粕漬、れんこんの煮物など持参したものを(タッパのまま)並べ、お寿司とともに食べました。

父は入院中、ずっと晩酌がしたい!と夢見てたようで、10日ぶりのビールがのどにしみわたったようです。夫がノンアルで運転手をかってでてくれたので、私は安心してビールから焼酎へと進み、父娘での晩酌タイムを満喫しました。

急に下半身に力が入らず、歩けなくなって転倒を繰り返し、救急外来に向かっていたときは、脳疾患で、もはやこれまでか、、と思った父がこうして元気になって、また一緒にお酒が飲め、退院を祝うことができよかったです。

さて、次は母です。
あと、ひと踏ん張りです。
応援クリックして頂けると励みになります!
   ↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

| 両親 | 2024-05-12 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

息子夫婦から母の日にカステヘルミのプレゼント♪

毎年、息子夫婦から母の日のギフトが届きます。
以前は息子たちが選んだものを送ってくれていたのですが、ここ数年は「何がいい?」と聞いてくれます。

去年から、毎年母の日に北欧食器をリクエストしよう!と思い立ち、去年はイッタラの3点セットに。

S__78028812.jpg

今年も希望を聞いてくれたので、何にしようとワクワクしながら楽天市場を散策(笑)

やっぱり北欧食器にしよう!
毎年、少しずつ好きな食器が増えていくって嬉しいなと思い、

今年はイッタラのカステヘルミのきれいなガラスボウル4点セットをお願いしました。




予算はいつも5000円位だと思うから、これだとちょっと予算オーバーだな~と思いつつも、↑のリンクとともに、

「ちょっと高いんだけど、これがすごく欲しいな」とLINEすると、

まかせとけ!!のスタンプが(笑)

で、まかせたら、ちゃんと届きました~

S__30302216.jpg

うわ~いい!いい!
このクリスタルな感じがいい~

S__30302218.jpg

ブルーとかグレーとかいろんな色があったけど、このクリアにしたの正解!嬉しくて4つ並べてみました(笑)

早速、いちごとヨーグルトを入れてみた~

S__30302219.jpg

ただブロッコリーを入れただけでも、緑が美しい

S__30384142.jpg

ちょっと和風に、かぶの煮物を入れてみた~

S__30384144.jpg

今朝は朝食にミョウガとカニカマの酢の物を
なんか、上品な感じ!!

S__86138885.jpg

子供たちもまだ小さくて、お金もかかるだろうから、毎年、「もう母の日や父の日のプレゼントはいいよ」と辞退しようかと思いつつ、でも、こうして1年に1回、ありがとう♪嬉しい!!と言える幸せは捨てがたい。

それに、変に遠慮するより、もう一人前だと見なして甘えるのも子供がわとしても嬉しいかも。

なんせ、ほこらしげに「まかせとけ!!」スタンプも送ってきたわけだし。

受け取ってすぐに、画像付きで大喜びのお礼ラインを息子とお嫁さんのグループLINEに送ると、

息子 「よかった!」

お嫁さん:
 「無事に届いて良かったです(きらら)
 早速使ってくれてて嬉しいです☺️
 おじいちゃん、おばあちゃんのこととか大変だと思いますが、お母さんも無理しないでくださいね〜!」

ささいなことだけど、お嫁さん、結婚して数年はLINEの文章で私のこと書くとき、「お義母さん」だったのが最近は「お母さん」に。こういうことも何だか嬉しい~

両親のことで、いっぱいいっぱいだったけど、プレゼントを選んでる時間、届いて箱をあけた瞬間、そして、何を入れようと考え、またそれを写真に撮るとき、幸せ感がこみあげてきました。

明日は父が退院予定。

母は来週の水曜に、一時外出で帰宅し、そこにケアマネさん、訪問看護師さん、訪問リハビリの理学療法士、福祉用品の方が実家に集結し、退院してからの母の生活について動線を確認したり、お風呂には入れそうかとか、どんなサポートや介護レンタル品が必要かを話し合うことになっています。

病院からの送迎はもちろん私が担当。
いろいろ大変だったけど、また両親が自分の家で二人で暮らせるよう、みんなで知恵を絞りサポートしていきたいとおもいます。

ちなみに、頭をうち、くも膜下出血もあった母ですが、認知テストでは27/30(20点以下が予備軍)で、問題なしでした。不死身だ~笑
応援クリックして頂けると励みになります!
   ↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

| 息子 | 2024-05-10 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

母、歯が3本も抜けたって。。歯科医の病棟への往診を依頼/いつかかるかわからない電話にやきもき

「ぴあの、私の財布の中にあるタクシーの無料券と〇〇歯科の診察券、家から持ってきて欲しい」

と、昨日の朝、母から電話があった。
え??どういうこと?

入院してる母、タクシーでかかりつけ歯科に行きたいってこと?
頭しっかりしてきてほぼ完璧と思ったのに、またせん妄?認知症??

状況がわからない私、
ちょっとイラっとして母にきつく言ってしまった。

「訪問歯科、病棟にくるよう頼んであるし、入院中に外の病院なんて行けるわけないでしょっ!」

両親二人とも入院してるから安心と思ったらとんでもない、日々かかる電話や父からのLINE、それに病棟に伝えたことがうまく共有されてなくて、なんでもきっちりしたい私はイライラが募ってきていた。

<母の歯医者に関しては、ここまでの経緯>
元々ブリッジがとれ、歯茎が腫れていたため、

①4月15日(月)に自宅に訪問歯科がくる予約済み
②ところが4月12日に転倒し入院したため①はキャンセルに
③入院した病院内の歯科に治療をお願いしたが、救急搬送の場合はその疾患(脳)のみということで却下された
④今の病院に転院時、病院が提携している歯医者の往診を依頼
⑤転院後2週間たつが往診はない(④が伝わってなかった?)

なのでどうなってるんだと担当看護師に確認しようと思っていた矢先に父(母の隣の病室に入院中)から電話。

父「ばあちゃん、歯が3本抜けて、ご飯も食べれないらしい」
私「えええ、3本も?! で、それ看護師さんに伝えた?」
父「伝えた」
私「で、看護師さんは何て言ってるの?」
父「糖尿病の人は抜けやすいから気を付けてねと」

えええええ~~
そんな、気を付けてねって、、、
何をどう気を付けるんだ。。

父は病室を出て談話室からの電話だったので、近くにいる看護師さんに電話を代わってもらうように言う。

ちょうどお昼時で、なかなか看護師さんみつからない。
で、やっと見つけて、電話を代わってもらった。

で、その看護師にもともと歯医者の往診を依頼していたのだが、どうなっているのか?それともう1点気になってることも質問。すると、「担当看護師に伝えておきます」と。。

母が朝電話してきたのはそういうことだったのか、、
歯が3本も抜けて、そりゃ不安だったろうに、、
それで自力でなんとかタクシーに乗ってでもかかりつけの歯科医に行きたいと思ったのか、、

なのに、私はボケてるのかと思って、何を言ってるんだとばかりにきつく言ってしまった。かわいそうなことしたな。。

午後になって担当看護師から電話。
どうも歯科医の往診のことは把握してなかったもよう。
もう、それはいい、ならば、改めて往診をお願いしたい。

ナース「当院が連携してるのは、〇〇歯科になりますが、よろしいですか?それともかかりつけ医に行かれますか?」
私「かかりつけ医に行くってことできるんですか?」
ナース「その場合は主治医と師長の許可をとって、家族さんが連れていくことになります」

いやいや、それは無理、無理。
私、そこまでできないよ。

で、その病院提携の〇〇歯科さんでお願いした。
もう1点の疑問点も解決した。

そうそう、看護師さんによると、抜けたのは、なんと「差し歯」だと!私はてっきり、本物の歯が抜けたのかと思って焦ってた。それも3本も、、、と。私は1本の歯もかけていないから、差し歯だなんて思いもよらなかったよ。

それだったら看護師さんの、「気を付けてくださいね」発言も納得できるわ。さらに、ちゃんと昼ご飯も食べていたと笑 両親からの少ない情報を私が勝手に早とちりしてたのか💦

夕方になって、主治医の先生からも両親それぞれの病状説明の電話があった。

この先生、GW中も1日も休まずに病棟に来てくださって、最終日にこうして電話もして頂き、本当に感謝。説明も実に丁寧で明快。

両親の入院してからの経過説明を聞き、改めて私の方から次の2つをお願いした。

①母の歯科医の往診のこと
②父の退院後に医療保険で訪問看護をつけたいこと

事前に看護師さんから6日か7日に先生から電話が入ることを聞いていた。また、看護師さんからは7日にソーシャルワーカーから電話が入ることも聞いていた。

私は電話が入るときくと、その電話は逃してはいけないと、肌身離さずスマホを持っていて、いつもは消音だけど音がでるようにして、洗濯物を干すときもトイレに入るときさえ、持っている(苦笑)

お昼寝したくても、昼寝中だとぼっ~っとしてうまく話せないかもと昼寝も自粛。

聞きたいことはiPhone内のメモに入力し、さらに紙に書いたメモ用紙も常にポケットに。

そんな状況だから電話が実際に入るまでは落ち着かず、なんかずっと緊張してる。それ以外にも「キーパーソン」になってるから、母の救急搬送から数日は深夜でも携帯がなればすぐ出れるようにとなんだかずっと緊張していた。

この性格は変えたい。
でも、変わらない。

夫は、「電話がなれば出るだけ」ってスタンス。
そうなんだけど、そんな風に思えないんだよね。

もし出れなければ、折り返せばいいとは思っても、病院の代表番号だと、病棟からか主治医からかソーシャルワーカーからかわからないし、どこに折り返せばいいんだ~?だから、ちゃんとかかった時に出たいと思ってしまうんだよね。

病院側にすれば、私が出なければ、きっとまた時間をおいてかけてくるんだろうけど。

つくづく面倒くさい性格だと思う。
というか、私、一生懸命になりすぎるんだと思う。

客観的にみれば、父91歳、母(来月で)88歳。
ここまで長生きしたんだし、今はちゃんと二人とも主治医のいるかかりつけ医に入院してるんだから、ど~んとした気持ちで病院や先生にお任せすればいんだと思う。

その上で、もし何か思わぬ事態があったとしても、それはそれで、もはや運命の域だと。

じゃないと、私の身がもたない。
両親のことはすべてお任せ、たとえこちらの要望が数日遅れたとしても、状況みて病院でちゃんと判断してくれるだろう。

実は今日かかるはずのソーシャルワーカーからの電話がなかった。でも、きっと父の退院日とかその後の訪問看護とか、そのあたりのことがはっきり決まったタイミングでかかるんだろう。うん、きっとそうだ。

C1799F25-FFFF-44FA-99E3-D58EB802AC92.jpg

この画像はGWの子供の日に食べたちらし寿司。
買ってきたものに、生協の冷凍のイクラを1パックトッピングして、豪華になりました~

ゆるゆる糖質制限の再開も考えていますが、こんな時はしっかり食べて体力つけておいた方がいいよね。

今日は嬉しいことも!
息子夫婦から一足早い母の日のプレゼントが届いたんです!
それについては次回、写真つきで紹介しますね♪
応援クリックして頂けると励みになります!
   ↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

| 両親 | 2024-05-07 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

「歩き方が変」と言われ、接骨院に行ってわかったこと

3年前の3月に左足首を骨折し、
その後、右の変性股関節症が判明しました。

生まれつき臼蓋が浅く、
治すには人工股関節の手術しかないと。

それで、インソールを買ったり、
エアーの入ったシューズを履いたりなどできることをしてきました。

しかし、最近、いろんな人から
歩き方が変!と言われることが多くなりました😿

父からも最近、
ぴあの、足、どうしたんだ?
変な歩き方してて、、心配だなと言われていました。

自分でもぎこちない歩き方だと思う。
でも、どうしても右股関節をかばってしまっているのです。

2年前に娘の親友(女性)が接骨院をオープンしました。
私の英語教室での教え子でもあります。

娘も娘のダンナさんも
それぞれ腰痛や肩関節の違和感で通ってると聞き、
私も思い切って行ってみました。

そこでわかったことは2つ

1.背骨が「く」の字に曲がっている
2.右のお尻の筋肉が衰えている

股関節に元々の原因はあるのでしょうが、
背骨のゆがみや右のおしりの筋肉低下にも原因があるとは思いもよりませんでした。

彼女のゴッドハンドでまずは背骨を整えてもらい、
電気やラジオ波で治療、そして右お尻にテーピング

それで格段に歩きやすくなりました。

生活習慣で何か気を付けることはないかと聞くと、

1.なるべく床生活はやめて椅子生活にする
2.その際、足は組まない

私、こたつが大好きで、冬場はリビングでも自室でもこたつライフです💦

そして、待合室に座ってる時から、自然に足組んでて、それもダメ!と。

その日からなるべく椅子生活に。
フロアに座るときは正座か座布団で高さを出すようにしました。

翌日の夕方行ったときに
お尻のテーピングで歩きやすくなったことを言うと、
だったら自前の筋肉がつけば歩きやすくなるよ!と。

希望がもてました。

そして、背骨のゆがみが改善してるとも言われました。
根が真面目なのでほぼ椅子生活にしたのです!
そして、足も組まないように。

それにしても習慣とはおそろしく、
椅子に座るときも、
車の助手席に座るときも、
ベッドであおむけで寝転んでいるときさえも、膝を立てて自然に足を組んでいるのです。

そのつど、
おっと、いけない!いけない!と

それにしても教え子が「先生」になって、私を診てくれるなんてね。

老いては子に教えられ

じゃないけど、
なんだか感慨深いものがあります。

これからも週に2,3回通いつつ整えていきたいと思います。

今日でGWもおしまい。
なんだかあっという間でした。

特別なことと言えば娘たちとのBBQ位だったけど、
仕事気にせず病院行ったり、プチ断捨離したり、お庭をきれいにしたりでそれなりに充実していました。

BBQは娘家族と一緒にスーパーへ行ったのですが、お肉に海老にさざえなど魚介類に子供たちにおやつやジュース、アイスなどなど、ぱ~~~~っと買ったら、2万超え💦笑

S__86032392.jpg

でも、青空の下、大いに飲み、食べ、孫たちと遊んで楽しいひと時でした~

S__86032394.jpg
応援クリックして頂けると励みになります!
   ↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

| 健康生活 | 2024-05-06 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日はのんびり♪ガーデニング、朝食、プチドライブ

父をなかば無理やり(?)入院させたようで、どこか罪悪感のようなものを感じていたが、昨日、談話室で二人が仲睦まじくおしゃべりしながらコーヒーを飲んでる姿に、ようやく胸のつかえがとれた。

一刻も早く退院したいと言っていた父も、今朝早くにLINEが来てて、退院は私(の仕事)の都合に合わせてでいいし、区切りのいい1週間でもいいよと言ってきた。

父にしても、家で一人で3度の食事やゴミ出し、洗濯、掃除などこなしつつ母のことを心配してるより、病院では隣の部屋には母がいるし、ご飯は出るし(毎度完食らしい!笑)、それなりに慣れてきて、多少は快適に感じてきたのかもしれない。

そこで今日は実家にも病院にも行かず、休養Dayにすることにした。

まず朝起きてお庭へ

B7F6C8C2-08C5-44E5-AFFF-2F21D560B1DC.jpg

テラスのビオラの花がら摘みずっとしてなかった💦
なのにちゃんときれいに咲いててくれてありがとう~

406A7133-50FC-4791-9283-D97727CFBC65.jpg

いつの間にか紫蘭(しらん)や鈴蘭も満開近くに
(逆光でぼんやりとした写真💦)
ここんところずっとお庭を見る余裕すらなかったものね~
お花が満開なのはいいけど雑草も、、、

いつもはササっとすませていた朝食も今日はゆっくり~

F53A788E-B352-49A5-9990-5AE75B48D8FD.jpg

トーストにバター
ハムエッグ
椎茸のソテー
野菜サラダに桜エビのトッピング
JALスープ(インスタント)
コーヒー
いちごヨーグルト(きな粉トッピング)

と簡単なものだけど、サラダドレッシングもちゃんと手作りで。
オリーブオイル、お醤油、お酢を1:1:1(私は小さじ1杯ずつで)

たいした朝食でもないけど、こんな風にゆっくり食べるのは随分久しぶりみたい気がする。

洗濯もシーツやまくらカバーも洗って干して、
それから英単語(英検1級でた単)して、のんびりネットサーフィン

お天気がよく(よすぎて気温は30度近い)
夫とプチドライブに行くことにした。

AB86C244-9590-415E-B555-851B5BDA4CD9.jpg

とにかく新緑やのどかな田園風景を見て癒されたいな~と。

73E52C62-E477-4223-B6AA-79A57FCF1F51.jpg

自宅から30分くらい走ったところに道の駅があったので寄ってみることに

3ABB21D5-D389-43F7-97AA-DDE2DD8E490B.jpg

夫がソフトクリーム食べようと言うので、青空の元で
(これは夫の手です。私じゃないですよ笑)

22FD7FCB-B88C-489B-BCED-8DD46E4C9FA7.jpg

お団子もお土産に買いました~

E9F40D96-D375-4F68-AC28-CC5850BD11C9.jpg

往復1時間ちょっとのプチドライブでしたが、すっかりリフレッシュ。

これからたけのこご飯で昼ご飯。
もちろん海外ドラマ見ながら~

そしてお昼寝してから洋書でも読もうかな~

こんなのんびりした休日、いつ以来だろう?
結局、4月の吉野・奈良ひとり旅も来週末予定していた岐阜ひるがの高原の夫婦旅もキャンセル

でも、両親が双方入院中とはいえ落ち着き、息子のお嫁さんの血栓も消えたそうで、精神的にはずいぶん楽になりました。

ではでは、遅い昼ご飯を頂きま~す。
応援クリックして頂けると励みになります!
   ↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

| 近況・日常生活 | 2024-05-05 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

父、結局入院に。しかも母の隣の病室に(笑)

救急外来から帰った翌朝、おそるおそる電話すると
父は明るい声で、大丈夫!いつもと変わらない!

よかった~
やはり、疲労などからくる一過性のものだったのか。

と、安心していた翌日の朝、
また同じ状態になって歩けなくなったと電話が😢

ここまでの流れは、

4月30日(火)午後お昼寝から起きたら突然足に力が入らず転倒、歩けなくなり、腰から下にしびれ、震え→救急外来受診、脳CT、血液検査異常なしで帰宅

5月1日(水)終日問題なくいつも通りの生活

5月2日(木)朝食後突然また同じ状態に

救急外来で他に考えられる原因として腰のいつの間にか骨折と言われたので受診するなら整形外科か。

脳は大丈夫だったのだから緊急性はない。
この日は私は大学の授業があるので、父に午後まで待てるか聞くと、「耐えて待つ」と

かかりつけの総合病院の整形は木曜午後は手術で外来がないので、近所の整形外科に行くことにした。

しかし、待てよ、ここは頼りになる訪問看護のTさんに相談してみようと電話。

Tさんの提案は、かかりつけの総合病院を受診し、そのまま入院か医療保険を使って週3での訪問看護のプログラムに乗ること。

いつもは元気でも91歳で現在母の入院による一人暮らし、明日からの4連休中の自宅での転倒が一番心配だと。私も全くの同意見。

幸いこの日の午後は母の主治医が外来担当。
私たち家族が全幅の信頼をおく先生だ。

弟にも電話で相談するとTさんの提案に大賛成。
Tさんの方からその先生に連絡も入れておいてくれるということで、父にその旨伝え、私は大学へ。

さて、ここで問題なのは、入院か週3の訪問介護かどちらにするかだ。

家族としては入院が一番安心だけど、一方で高齢者の場合「せん妄」や認知症が突然現れるリスクがある。

訪問看護ならいつもと同じ環境で生活しつつ、看護師さんが週3で様子を見にきてくれるが、それでもそれ以外の時間帯に転倒して、自分で連絡できなければ発見は遅れる。

父からはこの段階で、2時間ほどで状態が改善して今はなんとか歩けると電話。弟は改善したのなら入院までしなくても訪問看護でいいのでは?と言われる。

大学への道すがら、運転しながら、せん妄のリスクがあっても入院か、週3での訪問介護がどちらがいいのか頭の中で考えを巡らす。

授業の冒頭毎回グループディスカッションの時間があるのだけど、この日、思い切って、学生たちに父の状況を知らせ、

①入院(認知症発症のリスクあり)
②訪問看護(週3 1回30分)
③受診のみ

もし自分の祖父ならどれを選ぶかについて話し合ってもらった。
どの学生も真剣に自分のこととしてとらえ各グループそれぞれ皆、一生懸命考え話し合う姿に胸があつくなった。

結果、5グループ中4つが①の入院で1つが②の訪問看護だった。

それぞれの発表者がグループとしてその結論に至った理由を説明してくれた。

①については、まず一番優先すべきは命であり、原因がわからない以上、自宅での一人暮らしはあまりに危険。確かに認知症発症のリスクはあるが、それは可能性であって、必ずしも先生のお父さんがなるとは限らない。そのリスクをおそれて入院せず自宅にいる方がリスクは大きい

②については、お父さん自身の気持ちとしては、やはり住み慣れた自宅でいるのが一番いいのでは?週3回看護師が来て状況を確認してくれるわけだし、それ以外の時間でも24時間対応してくれるのならそれで安心ではないか

ディスカッションは10分だけだったけど、授業後何人かの学生が来て、「先生、大丈夫!絶対にお父さんは元気になりますよ」と声をかけてくれた。

さらに、アフリカ出身の学生が来て、「先生、お母さんもお父さんも病気でとても大変だと思いますが、一番大事ななことは先生が自分を大切にすることだと思います。先生、がんばりすぎないでください。自分のことも大事にしてください」と言ってくれる。そして、

「先生、ハグしてもいいですか?」と、彼女の優しさに泣きそうになった。

大学から実家に行き、病院へ。
なんと夫が午後休みにして病院に駆けつけてくれた。

びっくりした。
別に休まなくてもいいのに~私大丈夫だからと思ったけど、心強かった。

先生の方にはTさんから連絡が入っていたようで、
その情報に加え、私がここ3日の経緯を伝えると、
入院前提にこれから検査を進めていきますと。

私が、入院前提ですか?と聞くと、もちろんという感じ。
私が悶々と考えなくても、先生の方であっさり結論をだして頂き、ありがたかった。

私たちが考える以上に、高齢者が複数回転倒したという事実は大きく受け止められるような印象だった。

そこから、フルコースでの検査

血液検査
脳のMRI
全身のCT
レントゲン
心電図

入院前提なので私は手続きのため看護師や事務の人から次々と説明を受け、何枚もの書類に記入。検査の方は夫が車椅子を押して全部の検査に連れていってくれた。休んでくれてありがたいと身に染みた。

この段階でケアマネさんに連絡
入院となれば月曜のお掃除のヘルパーさんにも連絡してもらわないといけない。

検査が終わり、結果が出て診察室に呼ばれた。

なんと、全くどこにも異常は見られませんと先生。
一同、へ~~っとあっけにとられる感じ。

脳の血管のつまりも出血も何もなく、
全身のCTでも腰を始めどこにも骨折もなく
血液の方も脱水や栄養不足など原因となりそうなものも何もない

異常なしは嬉しいけど、だったら原因は?

この病院にはなんと脳神経内科もあるので、次はそちらで診てもらうことに。しかし、予約がずっといっぱいで2週間後にということになった。

異常なしと聞いて、父が、「だったら入院しなくてもいいんですか?」と。

う~ん、父としたらやっぱりそう思うよね。
先生は、やはり一人暮らしということ、複数回転倒をおこし、翌日は症状がなくなったものの、次の日にまた発症と周期的に出現しているので明日からの4連休中にまた同じ状況になる可能性があることから、やはり入院したほうがいいという説明。

私も内心、うんうん!と聞く。
じいちゃん、ひとりで夜中とかトイレ行くときにもし転倒しても誰もいないんだよ。電話も近くになければ連絡もできないわけだしと、私ちょっと説得。

すると、夫が、「だったら、じいちゃん、うちに来るか?」と言いかける💦

夫の気持ちはありがたいが、私はそれは冷たいかもしれないけど避けたい。いくらうちだって、連休中、どこの病院も休みの時にまた症状出たら、どうすればいいのか不安。

先生が連休中の4日間だけ、経過観察ということでの入院を再度提案してくれて、父もようやく納得。

病院側もいろいろ配慮してくれ、母と同じ階の病棟でお部屋を調整しますと言ってくれて、病棟にあがると、なんとなんと、まさかの隣の部屋!(笑)

母に「じいちゃんが入院するよ」と言うと、
「え??どこの病院?」
「ここ。それも隣の部屋」

母に伝えた後、隣の父の部屋へ行き入院の準備。
パジャマなどのレンタルの契約をしたり、また書類書いたりしてると

看護師さんが、「お母さんがお父さんに会いたいというのでお連れしますね」と。

母はまだ一人での歩行が許されていないので、看護師さんが一緒に手をひいて連れてきてくれた。

母は私に、「ぴあの、これ」とメモを渡された

S__85966860.jpg

ほんの数分の短時間で父の入院に必要なものを書いていたのだった。

下着
ヒゲソリ
携帯の差し込み(充電器のこと?)
生協中止

などなど。
頭打ってクモ膜下出血もして、せん妄も現れて一時は心配したけど、父が入院と聞いて咄嗟にここまで書けるのなら大丈夫。

そして、母に「洗剤、ネット」ってなんで必要?と聞くと、

「じいちゃんの下着とか私、ここで洗濯するから」と。

そのやりとりを聞いていた夫が家に帰った後、「ばあちゃん、なんか張り切っていたな」と。

やっぱり夫婦なんですね~
父が入院という自体に母は奮い立ったんでしょうね(笑)

その後、私たちは実家に行き父の入院に必要なものを持って再度病院へ。そして実家が空き家になるから戸締りなども確認。冷蔵庫の中で賞味期限近くのものも持ち帰り。

長い長い1日が終わり、それでもこれで父のことも母のことも病院にお任せだから精神的には随分と楽になりました。

翌日、母から嬉しそうな声で電話。

「じいちゃんと談話室でデートしてきたわ」と

お互いの病室を訪問し合うのはNGだそうで、談話室でおしゃべりしたのだそう。

今日は母がずっとコーヒーを飲んでないというので、ドリップコーヒー、紙コップなどを持参して、談話室の給湯器のお湯で両親にコーヒーを入れてあげました。

2人がすごくくつろいだいい表情だったので写真をとり、弟夫婦や娘に送ると、期せずして二人共から、

「まるで温泉旅館にいるみたい」

確かに!
おそろのパジャマが温泉の浴衣にも見えるわ(笑)

父にもLINEで写真を送りました。

私:「毎日ばあちゃんに会えるからよかったね」
父:「まあーな」

父、ユーモア健在です!
心配していたせん妄や認知症も全くなさそう。

今日など看護師さんに病棟にwifiはきてないのか聞いたそう。
91歳でwifiのあるなしを聞くなんて珍しいでしょうね(笑)
応援クリックして頂けると励みになります!
   ↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ

| 両親 | 2024-05-04 | comments:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT