||| admin || NewEntry |||
FC2ブログ

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

≫ EDIT

ダナンで受難(笑)

ベトナムのリゾート、ダナンに行ってきました。
現在、再就職までのお休み中の夫も一緒の夫婦豪華リゾート旅が一転、夫婦DE食あたり旅になってしまいました(笑)

ホテルは、フランスのホテルチェーン、アコーグループのプルマンリゾートです。

写真 2019-05-31 20 17 53

オープンエアーのロビー奥にはインフィニティーバーがあり、

写真 2019-05-30 18 56 48

プールエリアもリゾート感たっぷりでした。

写真 2019-06-01 16 33 39

ビーチバーもありました。

写真 2019-05-31 20 14 42

初日、13時頃に空港に着き、リバーフロントで地元ビールとランチをしたところまでは元気だった私たち。ビールも1人、2本ずつ飲みました♪

写真 2019-05-30 15 22 37

ホテルからのサービスで1時間無料スパでは、優雅なマダム気分も味わいました。

写真 2019-05-30 18 52 16

しかし、、、、夜ごはんに地元のエアコンのないレストランで食事していたあたりから、、急に気分が悪くなり、ホテルに戻ってからはひどい下痢が始まり、次の日の早朝には嘔吐。。。。。

その日は1日中、ベッドから起き上がれず、5☆ホテルで毎朝食がついていたのに、かろうじてお粥と豆腐の味噌汁を食べただけで、ほぼ滞在中、全く食欲がなく、それどころか、食べ物のことを考えただけで気持ち悪くなりました。つわりのように。。(苦笑)

朝食バフェではフォーやバインミーのコーナーがあったり、こんなおいしそうなパンがずらっとディスプレイされている、「パンの本棚」(←大阪の主婦さん命名)があったりしたのに、滞在中に食べたのは1個のみ。。

写真 2019-06-01 10 36 58

幸か不幸か、夫もなぜか全く食欲がなく、「ま、のんびりしに来たんだから部屋でゆっくりすればいいさ」と、まるで静養にきたように、終日部屋でダラダラという日々でした。

写真 2019-05-30 16 44 35

2日目は丸一日寝ていたので、3日目朝にはほんの少し回復し、二人で早朝、ビーチに日の出を見にいくことができました。

IMG_1218.jpg

隣のホテル(フラマホテル)もお散歩→部屋で休む→朝食(ほんの少し)→部屋で休む→プール→休む→マッサージ→休む

など、ホテル付近中心にちょこっと行動しては、部屋で休むというスタイルを繰り返しつつも、夕方からは、世界遺産の街、ホイアンにも繰り出すことができました。

写真 2019-06-01 20 50 39

写真 2019-06-01 21 02 32

写真 2019-06-01 20 57 58

行きたいカフェや晩御飯を食べるお店もリストアップしていましたが、食欲が二人とも全くないので素通り(泣)

が、こんなかわいい雑貨を買うことができました。

写真 2019-06-08 11 10 51

ホイアンはランタンで有名ですが、ダナンのホテルレストランにもランタンがあり、夜になるとライトアップされていました。

IMG_1211.jpg

最終日は深夜便だったため、チェックアウトぎりぎりまで(ホテルの好意で12時が14時まで延長してもらえました)は部屋で休み、その後は、ダナン市街で買い物、スパなどができました。

日本人オーナーが経営するお店で、念願のバチャン焼の陶器も買うことできました!現在、我が家で大活躍中。香炉も素敵♪

写真 2019-06-08 11 11 34

体調の悪かった私たちが、悪いなりにもお出かけできたのは、なんといっても配車アプリ、Grabのおかげ!!ダナンでは昨年あたりから始まったようですが、GPSで現在の位置情報をオンにして、目的地さえ入れれば、わずか1分!!でGrabタクシーがきます。

料金もドライバーの評価もわかり、車種なども明快で、ぼったくりの心配も言葉の心配もありません。どこにいても、1分で格安で利用でき、目的地の到着予定時間や現在どこを走行してるかもわかり、3月のバンコクでも大活躍でした。

Inked写真 2019-06-01 22 27 10_LI

一時は、病院に行った方がいいか?無事、日本に帰れるのか?など不安もいっぱいありましたが、かくして、なんとか体調が悪いなりにも、行きたかった事、したかったこと、かいたかったものなど、食べること以外はほぼ目的どおりにできてよかったです。

詳しい旅行記は、別ブログ(旅専用ブログ)に綴っていくので、ご興味のある方はお問合せくださいね。

明日は娘のところの孫が1歳のお誕生日なので、両家じじばばば集合でのお祝い会です♪

私たちからのプレゼントはこれ↓

present01.jpg

逆三輪車みたいの。私たちの時代にはこんなのなかったな。すくすく大きくな~れ!

| | 2019-06-15 | comments:1 | TOP↑

≫ EDIT

垣谷美雨さんにはまりつつあります

FBのお友達に垣谷美雨さんの本は面白いよ~と教えてもらい、検索してみると、すごい人気で図書館でもほとんどが予約待ち。

そんな中でたまたまた貸し出し可だった本をまず、1冊目として借りてみました。



いや~面白かった!!
地方から上京し女子大生になった女性3人の10代から50代までの物語なんだけど、著者が私と同じ1959年生まれということで、登場人物も同じ年齢の設定のようで、もう、時代背景がまさに私が生きてきた時代とぴったり一致!!

私も地元を離れ、大学での一人暮らしを経験しているので、共感できることだらけ。当時流れていた曲、ファッション(ハマトラ)など、あ~~~あった!あった~!!という感じ。

その3人の女性たちが結婚してそれぞれ家庭を持ち、子供を育てる中での葛藤、子供たちの立場からの章、読んでいてあきることなく2日で読了しました。特に私と同年代の女性たちにお勧めです。

次は、まさに私が直面している問題?!



これも面白かった!

東北大学を卒業し大手石油会社の部長までつとめた主人公の定年後の気づき。

男は外で仕事、女は母性本能のかたまりで専業主婦としての子育てをただ楽しんでると思っていたステレオタイプの彼が、突然頼まれた孫の保育園のお迎えをきっかけに変わっていく。

奥さんがなぜ自分につめたくなったのか、夫源病になったのかにも気づいていく。まさに私年代にぴったりの1冊だった。

タイトルから勝手に、奥さんが定年の夫を改造していくのか?と思っていたら、終始夫からの目線での語りだったのもある意味面白かった。

3冊目は、



まだ冒頭の部分だけ。
スーパーで買い物中の福子が大地震にあい、車に乗って勤務先に向かう途中大津波に遭遇。流れてくるものにつかまりながら1軒の民家の二階の窓から入り、そこの住人の老女とともに他にも流されている少年などをあらゆる手段で助けて家の中になんとか救出するところまで。

私は気に入った作家がいると、ずっとその著者が書いたものを順番に読んでいくパターンが多く、現在も手元には、



があり、その他以下の本を始め他に5冊ほど図書館で順番待ちをしている。



どれも300ページ台だが、同じようなページ数の洋書だと1か月かかるのが、和書だと2日で読めてしまう。やっぱり母語は違うな~笑

ということで、週末も和書、洋書とも楽しもうと思う。

3月末からリサーチを始め、3社で見積もりをとったリフォームもようやく1社に絞り契約成立!
日曜はTOTOのショールームで打ち合わせしてきます~

洗面所やトイレには壁面の一角にタイルコーナーを作り、そこにモロッコ風のタイルでアクセントをつけるつもりだし、洗面所から廊下のドアをつぶし、両側から棚をしつらえ、ミニギャラリー風にすることにもし、わくわくしながらすすめています。

| 本の紹介 | 2019-05-17 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

The silent patient読了(多読107冊目)

今年4冊目のThe silent patient読了しました。



夫ガブリエルが殺された現場にいたのは、銃を持った妻のアリシア。彼女は殺人犯として逮捕されるのですが、事件のショックからか言葉を発することができない状態でした。

彼女は精神疾患施設に収容され、そこでTheo(男性)というカウンセラーに会います。この本の主人公は、この二人それぞれという感じがします。

TheoはTheoで子供時代の家庭環境からのトラウマ的なことを抱えていたのが素晴らしいカウンセラーに出会ったことで自身も同じ職業を目指したのでした。

Theoが事件の概要を調べたり、これまでアリシア(画家)とかかわってきた人たち、夫の兄弟、従兄、叔母、ギャラリーオーナーなどと会っていきアリシアを理解しようとします。

一方でTheo自身も私生活において悩みを抱えていました。電撃的な出会いから恋に落ちて結婚した妻キャシーがどうも浮気しているようなのです。

Theoはその葛藤を抱えながらもアリシアのカウンセリングに力を注ぎます。

ある日、言葉を発せないアリシアから彼女の日記を手渡されます。そこには、事件前からの彼女の状況や心の動き、不安、恐怖などが綴られていました。

そして、、、

これ以上はネタばれになるので書きませんが、9割ぐらい読んだところで、ん????もしや???と思っていたことが、やはり!!!という結末でした。(なんのこっちゃ 笑)

ミステリーとして面白いは面白かったのですが、なんかこう、心に残るとか、何かを考えさせられたとかいう意味では、ちょっと物足りなさがありました。

ということで、次はありーちゃんとも相談し、社会派というか人権を扱ったものにしよう!ということで、アフガニスタンの女性がテーマの本を読んでいます。



この著者は、処女作The Kite Runnerで一躍ベストセラー作家となった人で、この作品は彼の2作目にあたります。



実はこのカイトランナーは2013年に読み始めたものの、私自身の当時の英語力の問題と、体調が思わしくなくて重い内容に苦しくなって16%あたりで挫折しています。

スタプラでその経緯を書いたところ、なんと3人の方からぜひ一緒に読みたい!という申し出があったので、A Thousand Splendid Suns読了の後は、4人で一緒に読みながら感想をシェアしていきたいと思っています。

| 多読 | 2019-05-11 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

夫が3か月自宅にいる生活なので、

おはようございます。
大学新学期から1週間、今年もたくさんの新しい留学生を迎え、さまざまな国籍の学生たちとの日々が始まっています。

我が家では夫が3月で退職し、
次の仕事が6月後半からなので、毎日夫が自宅にいる生活に(汗)

約3か月のこの期間、、、
これまでの私のリビング独占生活がそこなわれる、、
私の生活ペースが、、、、
それに共通の話題も、、、

そこで、リフォームを始めることにしました!
平成元年に新築した我が家は平成とともに家族の歴史もつむいできましたが、すでに30年。

令和とともにリフォームというのは我ながらいい考え!!

ターゲットは水回り、トイレ、洗面、お風呂の3点セットにするか、台所もするか、この際エコキュートを導入するか、結露対策に内窓(二重サッシ)も、玄関ドアもモニターごと変えたい、、いっそ、リビングは床暖房も、、と夢は広がるばかり。

私の春休み期間、そして平日の授業のない曜日は、リフォーム会社やTOTO、リクシルなどのショールーム周りであっというまに時間が過ぎていきます。

夫との話題にもことかかず、リフォーム会社(現在3社と検討中)の訪問(現地調査)や見積もり、プラン案など日々めまぐるしくいろいろなことが進行しているので、二人で決めることもたくさん。

当初、リフォームには消極的だった夫もだんだん乗り気になってきて、娘(&お孫くん)もまじえて一緒にイメージつくりのために各住宅会社のモデルルーム巡りという日々になってきました。

来月は夫との海外旅行も計画中で、そのあとはリフォーム着工になる感じなので、それで3か月は乗り切れるかと。笑

私の英語関係は、相変わらず①オンラインレッスン②洋書③ドラマの3本立てです。

今年4冊目の洋書はこれを読んでいます。



40代夫の殺人現場にいたのはドレスを血で染めた30代の妻のみ。殺人犯と目される妻だけど、事件後一切なにも話さない。後悔の表情も示さない。芸術家である妻はただ絵を描くだけ。妻は犯人なのか?でもなぜ殺したのか?なぜ言葉を発しないのか?犯罪心理学者がそれを分析する?!

というのが私が初日に読んだ感想です。
なかなかうまいまとめでしょ?笑

ドラマは、満を持して(?)Hawaii Five-Oを見始めました。大好きなハワイの風景がいっぱいで癒されてます。

では、今日も元気にA大に行ってきます。

| 近況・日常生活 | 2019-04-16 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

Watching Glass Shatter読了

今年3冊目の洋書を読了しました。
英語はとっても読みやすく、TOEICのRで350もあればすらすら楽しみながら読めると思います。

この本、私は無料で手に入れたのですが、今もkindleは250円なので多読初心者が気軽に読むのにもとってもお勧めです。



主人公は私と同じ世代の女性オリビア。
40年間連れ添った夫ベンが、突然の事故で亡くなってしまうところから物語が始まります。

2人には5人の成人した息子たちがいます。
ベンの弁護士に寄って、彼の遺書が公開されるのですが彼の経営する弁護士事務所や財産関係の相続とは別に、オリビアに2通の遺書が残されていました。

そこに書かれていたことは、、、オリビアにとって衝撃的な事実でした。彼女はそのことを40年間全く知らずに暮らしてきたのです。

そこから、彼女の葛藤が始まります。
そして、息子たちひとりひとりをもっと知るべき時間をかけて向き合っていきます。

読了直後の私がスタプラに書いた感想は↓です。

ある意味、どこの家庭でも起こりうる話なのかもしれない。子供たちを(嫁含む)何かと自分の意のままにコントロールしようとしてきた母親のオリビアが夫の死や、そこから息子やそのパートナーたちと向き合ったことで、彼女が再生していく物語だったような気がする。

そのうえで、妹のダイアン(ずっと姉だと思っていた)の存在が大きかったような気がする。息子の中ではイーサンが一番好きだったな~。これ、映画化して欲しいな。


これにて多読語数は800万語を超えました。
次なる1冊もほぼ決まってるのですが、また改めてご紹介します。

| 多読 | 2019-04-07 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

上野公園の桜の中を手をつないで

ここ数年、入退院を繰り返していた両親がここのところ、奇跡的と思えるほどぐんぐん元気になってきました。

理由は2つ

毎週顔を見せる孫娘にゃる&ひ孫の存在。
つまりひ孫パワーですね 笑

そしてもう一つは、12月に母が入院していたときに、京都から弟がお見舞いに来てかけた言葉、

元気になったら、一緒に東京に行こう!

これがよほど嬉しかったらしい。
12月には一時危ない状況だった母が、みるみる元気になり、そして両親の上京が実現しました!!

86歳と82歳、新幹線での上京です。
まず、私が駅のホームで見送り、弟夫婦に無事、乗せたよ~とLINE。

弟夫婦も京都から新幹線で東京へ。
着いてすぐに両親の新幹線が着くホームの10号車で到着を待つことに。

まるで小学生の子供を見送る母親のように、
両親には、

「弟たちが来るまで、ホームから動いちゃだめだからね!」と念を押す(笑)

弟たちの新幹線がもし遅れたら、、、
うまく会えなかったら、、、
ドキドキ、ドキドキ、、、

義妹から、「無事に合流できました!」と満面笑みの両親と弟の写真が送られてきて、ようやく安心。これで弟夫婦に完全にお任せです。

今回の東京で、両親が楽しみにしていたのが、甥っ子の通う慶応大学のキャンパス訪問。日吉で甥っ子と合流し、キャンパスを案内してもらったようです。甥っ子とともに笑顔がはじける写真がきた~

その後、芝キャンパスも案内してもらい、お台場のホテルに。
弟夫婦とのグループラインから義妹が次々写真を送ってくれて、私がそれを我が家のグループラインに送る。

息子も娘も、「ばあちゃん、楽しそう。じいちゃんの笑顔もいいね!」など共有。

夜には、どらむ(私の息子)も合流し、6人で食事会。
その後、ホテルで2次会。

両親は10時半ごろ、自室に戻って休んだようですが、なんと甥と息子と、弟夫婦は朝まで飲み明かしたもよう。テーブルいっぱいにワインや焼酎のボトルが並んだ写真が送られてきた 笑

翌日は、朝はホテルのビュッフェで朝食。

父に、体調はどうですか?ばあちゃんは大丈夫ですか?とLINEすると、「ばあちゃんは、私より元気で笑いです(笑)」と返信が。

母からも、「リッチなホテルで部屋から海もみえてまるでハワイにいるようです」と相変わらず、句読点のないメールが(笑)でも、嬉しさが伝わってきます。

ちょうど、東京では桜が咲き始めたようで、両親と弟夫婦の4人で上野公園でお花見。

満開の桜画像とともに送られてきたのが、

写真 2019-03-25 13 27 07


送られてきたのが、
なんと、
なんと




写真 2019-03-25 13 47 51

仲良く手をつないで歩く両親の写真♡

いつもは杖をついてる母が、
杖ではなくて、父と手をつないで歩いてる。

東京で
桜の下を

よかった。よかった。こんな日が来るなんて。

その後、「今、新刊線に乗りました~」とLINEがきて、到着時間に合わせ、私は駅へ。ホームで待っていると、母が、続いて父が降りてきました。

無事に帰ってこれました。
よかった。
よかった。

   ****

我が家のお庭には今年もきれいにラッパ水仙が咲きました♪

写真 2019-03-25 8 54 12

息子が小学校2年生ぐらいのときに、私の誕生日に「ぼく200円しかなくて、、」と言ってプレゼントしてくれたのがこの球根でした。

その息子が今や2児のパパなんですからね~

桜にラッパ水仙、春ですね。

   ***
旅ブログのお問い合わせを2名の方から頂きました。
すぐにURLをお送りしました。
ありがとうございました。

| 両親 | 2019-03-27 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

最近の英語学習について

最近は英語学習はすべてスタプラ(studyplus)で詳しく記録していて、このブログでは旅行記や日常生活がメインになっていましたが、ここらで軌道修正。

旅行記はここではなく、旅ブログの方に一本化します。もしも、旅行記の続きが読みたいわ~と思われる方はそちらにGOしてください。旅ブログのURLをご存知ない方は、twitterのDMなどでご連絡ください。twitterつながってない方は、このブログのコメント欄にメールアドレスとともにコメント頂ければリンク送ります。(コメントは承認制なので私以外の人は読めませんのでご安心ください)

さて、最近の私の英語学習は、以下の3本立てです。

1.オンラインレッスン
1)5分ぐらいの動画を見てのリスニングレッスン
2)TIME記事の精読レッスン
3)フリートーク
2.洋書
3.海外ドラマ


2,3はほぼお楽しみなので、勉強らしい勉強としてはオンラインレッスンを軸にしている感じです。ちょっと詳しく書くと、

1)は事前に先生から5分程度の動画が送られてきます。先生から、「これまでいろんな分野をやってきたけど、ぴあのとは身体の器官に関する語彙をやってこなかったことに気が付いた」ということで、ここ最近は医療系が多いです。

ちなみに最近レッスンに使った動画のラインナップは以下のとおり

How does stress affect your brain?
Why sitting is bad for you?
Why are you so affected to our things?
Why do you need to get a flu shot every year?

予習としてビデオを見て、内容をどんどん聞き取り、ノートに流れを書いていきます。だいたい3回ぐらい聞くと、大筋はわかってきますが、レッスン前にさらに2回ぐらい聞いて、医療的な知識がないことについてはちょっと調べたりもします。

ほぼ殴り書きに近いですが、予習ノートはこんな感じです。

≫ Read More

| 学習方法 | 2019-03-23 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

バンコクひとり旅2日目① 友人と合流しランチ

昨夜は身体は疲れているのに、なんだか興奮状態だったのかなかなか寝付けず、結局眠ったのかどうかよくわからないまま、朝になった。ま、一応夢らしきものは見たので眠ったのだろう(笑)

早朝、ぎっくり腰のSさんもマイル修行で那覇往復後のMさんからも、無事バンコク到着とのLINEあり。よかった~。これで今晩は6人で集合できる!!

昨夜はチェックイン後、マッサージ、食事で、ホテルに戻ったのも遅く、まだ荷物も出してないし、PCもネットにつないでいない。まずはカーテンを開けてみる。

写真 2019-03-09 9 03 07

お~~ここはバンコクだぁ!
なんだか部屋に一人でいると国内にいるみたいだけど、やっぱり私はバンコクに来ていた(笑)

今日はMさんと待ち合わせてランチなので、早めに(といっても8時すぎ)朝食に行ってこよう~。今回は朝食付きプランで、朝食はL階(10階)で頂く。

クーポンはなく、入り口で部屋番号を告げればいい。食事はバイキングでオムレツなどを作ってくれる人もいて、なかなかいい感じ♪

写真 2019-03-09 10 17 43

パンもおいしそうだし、お味噌汁もあった!
が、この日と翌日はまだ日本食やアジア食コーナーがあることに気づいていなかった。。

写真 2019-03-09 10 19 07

写真 2019-03-09 10 24 54

お部屋のwifiはここではつながらず、翌日からはグローバルwifi持参で食事にきた。笑

食後は、L階をちょっとみてみることに、ソフトドリンクやクッキーが頂けるラウンジがあり(今回、このラウンジアクセスもついていたが利用せず。ウエルカムドリンククーポンも使わなかった。。)

外に出てみると、プールが!ジャグジーもある。
今回は泳ぐ感じのプールではないかなと水着は持参しなかったのだけど、なかなかいい雰囲気のプール!!

写真 2019-03-09 10 50 09

部屋に戻ってLINEをチェックすると、

≫ Read More

| 2019早春バンコクひとり旅 | 2019-03-23 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

バンコクひとり旅1日目

4泊5日でバンコク一人旅に行ってきました~。
ちょっと長くなると思いますが臨場感たっぷりの旅行記をお送りします。

いよいよバンコク一人旅の日がやってきました。
早朝、夫に地元空港まで送ってもらいました。

荷物はバンコクまでスルーとのこと。
キャリーを預けたのでリュックだけの身軽になって空港で朝ごはん。うどん(笑)

空港からは今回バンコクで現地合流する他の3人へグループLINE.

今回は、「子連れ海外旅行記」を通して15年ぐらいお付き合いのある旅行記仲間と、バンコクで会うことになっていました。

Tさん:娘さんと3泊5日
Sさん:同僚と2泊4日
Mさん:一人旅1泊3日!!

と、それぞれ旅程もホテルも別々ながら、土日は全員がバンコクなので、土曜の夜に一緒にご飯を食べる約束をしていました。みんな、WIFIやシムフリー携帯持参なので、現地でもサクサク連絡をとりあうことができました。

羽田に向かう機内からは富士山がきれいに見えました。

写真 2019-03-08 8 13 15

ひとり旅で不安もありましたが、ずっと富士山が大丈夫だよと見守ってくれているようで、気持ちが落ち着きました。

無事に羽田について国際線ターミナルに移動、グローバルwifiでレンタル。LINEを見ると、それぞれから返事が。

Tさんとは同じ飛行機で彼女はすでにさくらラウンジで、そしてMさんはマイル修行のため沖縄往復後にバンコク入りするのですが、彼女もすでにラウンジでビールを!

2人の朝ビール画像に触発され、私もまけじと、有料だけど(笑)ビール。

写真 2019-03-08 10 15 21

と、ここで衝撃のLINEが?!
なんと、この日の深夜便でバンコク入りする予定のSさんから、

ぎっくり腰になったと、、、、、
薬を飲んでもコールセットしても動けないと、、、
ひ~~~来れるのか?

その後、搭乗口でTさん母娘と会い、話題はSさんに、二人の共通見解は、「ま、普通の人ならキャンセルだけどSさんならくるでしょ!」と。笑

予定通りJAL31便に搭乗し、機内では白ワイン&赤ワインを飲みながら、映画「アリー/スター誕生」を。

写真 2019-03-08 13 42 33

そうそう、私はなにげに海外は2年ぶりだったのですが、その間にいろいろIT化が進んでて、出国のときはパスポートをガラス台に載せて読み取らせ、顔認証カメラでOK。出国スタンプもありませんでした。

予定通り16時半ごろスワンナプーム空港に到着。
入国検査を終えたところで、Tさんと「では、明日の夕食で!」とお別れし、荷物をピックアップして、エアポートレイルリンクに向かいます。

そこの乗り場の両替がレートがいいと聞いていたので2万円分両替。2万円で5820バーツで、1バーツあたりは約3.8円。。。ひ~これなら街中ですればよかった。。

ま、気を取り直してエアポートレイルリンクに乗ります。
空港からマッカサンまでは、わずか35バーツ!

はじめ機械に何度紙幣を入れてもエラーになるので、ん???折れ曲がってるから?と思ったら、なんと20バーツ紙幣でした。。。お金が足りなったんですね。。。紙幣だからもっと高いと思ってた。。('◇')ゞ

で、50バーツ紙幣を入れてなんとか買えて、電車に!20分ほどでマッカサンに到着。ここからMRT(地下鉄)のベチャナブリまで300メートルぐらい歩きます。数年前に空中道路(スカイロード)ができたのでキャリーを引いてても大丈夫でした。

歩きながら道路を見るとすごい渋滞!
この渋滞を避けるためにタクシーに乗らず、電車で移動したのは大正解でした。

写真 2019-03-08 20 27 42

さて、ここから1駅行った先のスクンビットが4泊滞在するホテルです。が、その1駅の切符を買うのが長蛇の列。いくらだろう?と列を離れるわけにもいかない。。また、買ったあと、どっち方向に乗っていいかもわからない。。

すると、なんと後ろに並んでた制服をきた女子高生風の二人が日本語で会話してるじゃないですか!!

日本の方ですか?と聞くと、「はい」と。そして、偶然彼女たちもスクンビットに行くと!料金は16バートということで、電車にも一緒に乗ってもらいました~。

無事に駅に着いたものの改札通るまでがまたすごい列。

写真 2019-03-08 20 51 11

でも、ようやく最寄り駅まで着いたぞ!!
ホテルは駅から歩いて5,6分のジャスミンシティホテル。駅からホテルまでの行き方は写真付き画像とともにワードで作ってきたので、大丈夫です!←かなりの方向音痴

で、ジャスミンシティホテル到着!!!

写真 2019-03-10 23 40 43

フロントは感じのいい若いタイ人男性と日本人Eさん。
実は前日に私は禁煙室にして欲しいとメールしておきました。そして、可能なら1人なのでツインではなく、ベッド1台(キングサイズ)のお部屋が希望と。さらに、楽天トラベルでは3泊以上は1つ上のカテゴリーにアップグレードが確約なので、私は一番安いスーペリオで予約なので次のカテゴリーのデラックスでアサインして欲しいと。

すぐにホテルからお返事がきましたが、All Special request as per details below e-mail,Are subject to room Availabillity upon Arrival agian とのこと。

ま、とにかく禁煙室さえゲットできればいいとの思いでした。
ところが、フロントで名前を告げると、そのタイ人男性が、

No smorking room?

ノースモーキングルームをリクエストしてた人だよね?みたいな感じで、で、次の言葉に驚愕。

30階のトップフロアの1ベッドルーム(スイート)を用意しましたと!!

禁煙? はい
キングベッド? もちろん!

Perfect!! Thank you!!と大興奮の私。
で、おそるおそる追加料金はいらないかも確認した小心者の私でした(笑)

その後、日本人スタッフにいろいろ聞きたかったことなどを教えて頂き、お部屋へ向かいました。

エレベーターは必ずルームキーをささないと動かない仕組みで、私が乗り込んだときに日本人男性が20階を押したので、私が30階を押すと、その彼が、「うわ~~~30階ですか!!!いいですね~滞在、楽しんでくださいね!」と。

さて、お部屋は、

リビングスペース
写真 2019-03-08 21 33 09

ベッドルーム
写真 2019-03-08 21 43 55

フルキッチン
写真 2019-03-09 9 02 33

60㎡ぐらいあり、一人なのにトイレもテレビも2つもあります!笑
冷蔵庫には楽天からのプレゼントのビールも2本!
ひ~~~完璧です。
1泊8,000円位なのに申し訳ない。

お部屋からの夜景もいい感じ♪
写真 2019-03-08 21 43 42

今日から私はここで4日間暮らすのだ~
ところで、Sさんはどうなったんだろう?
Mさんは無事沖縄往復が終わって羽田から搭乗するのだろうか?

SさんにLINEすると、「今、バスで羽田に向かっている」と。
さすがだ~~~

時間は8時半ごろ(夜)とにかく私はマッサージに行きたい!
ホテルから徒歩10分弱のヘルスランドへ予約はないけど行ってみることにします。

夜のバンコク、道は段差ででこぼこしてたり、犬がいたり、車やバイクがつっこんできたりするけど、なんかアジアンな感じ、空気、好きだな~

で、着きました!!
Eさんに書いて頂いた地図が実にわかりやすかった!!

写真 2019-03-08 23 28 39


大きな一軒家のようなところです。名前からのイメージとは全然違います。受付で予約はないけど、1時間のフットマッサージ(400バーツ)できるかと聞くと、大丈夫だと。10分後に名前を呼ぶかロビーで待ってるように言われました。

写真 2019-03-08 22 15 55


ほどなく名前が呼ばれ、フットマッサージの場所へ。
これがね、もう超超超気持ちいいの!!
このためだけでも来たかいがあった!!

フットマッサージだけど、1時間のうち最期の10分は肩、そしてもう10分は首と大満足でした。が、、、ここで問題が。。。本当はチップを渡したかったのに、細かいお金がなくて、、、、1時間だと50バーツぐらいが適当なんだろうけど、、大きい紙幣しかなく、心苦しかったけどチップなしにしました。ごめんなさい(汗

すっかり疲れもとれてホテル方面に向かいながら、さて晩御飯はどうしたものかと。もう10時ぐらいだし、ホテル地下の24時間のマックスバリューで適当に買って冷蔵庫のビールで!と思いましたが、たいしたお惣菜が売ってない。。

せっかくタイに来て最初の食事なんだし、やっぱり温かいものは温かいまま食べたいな~と思い、ふと目をやるとホテルの前にローカルなタイ料理店が。。1階はエアコンもなく扇風機が回ってるけど、いいんじゃない?はいちゃう?

と、あら還おばさんひとりで夜のローカル店へ。

写真 2019-03-09 0 20 52

どこに座っていいかもわからずちょっとおどおどしてたら、お客さんが、「そこに座りな」って感じでテーブルを指さしてくれて、店員に「お客さんだよ~」と教えてくれた。

さて、オーダー。メニューのタイ語は飛ばし、写真と英語のみで空心菜の炒め物と海鮮野菜炒め、そしてビールを注文。

写真 2019-03-09 0 00 18

んまい!!!
ひとりだけどなぜか寂しくない。

Tさんからは、タイについてご飯食べてルーフトップバー行きました~と画像が送られてきて、沖縄往復が終わったMさんからも今から搭乗ですとラウンジビール画像とともにLINEが。Sさんも無事だし(笑)明日にはみんなに会える!!

なんだか不思議だった。
なんだかおかしかった。

心配症で方向音痴で優柔不断な私が、こうしてひとりでバンコクにやってきて、ホテルにチェックインし、マッサージを受け、ローカルお店でビールを飲んでいる。タイの風に吹かれながら。

いいんじゃない?
なんか、いいよ~これ。

不安とか心配がもはや吹っ飛んで、ビールのほろ酔いも手伝って、心地よくなってきました。385バーツ払い、ホテルの自室へ。既にもう我が家みたい。

長い一日だったけど、無事にこれてよかった。
おやすみなさい。

| 2019早春バンコクひとり旅 | 2019-03-16 | comments:0 | TOP↑

≫ EDIT

やめたいけどなかなかやめられない習慣と向き合う

皆さんは、やめたいな~と思ってるけど、なかなかやめられない習慣ってないですか?

私は、ざっと思いつくだけでも、

・毎日のお酒
・いつもなんでも時間がギリギリになる
・寝る前と朝のだらだらスマホ時間
・なにごとも完璧にしないと気が済まない

などあります。
そんな時、ネットのお友達に「やめる習慣」についての書籍を教えてもらい、まずは昨日、1冊目を読んでみました。



まずインパクトのあったのは、(以下引用)

人生は習慣によってつくられます。習慣に振り回される人生と、習慣をコントロールできる人生は幸福度は大きく変わってきます。

・毎日の行動の40%以上は習慣
・悪い習慣を一つずつ手放すと、最終的には輝いた自分がいる
・悪い習慣を変えるのに意志や性格は関係ない


ということで、では、どうやって手放すか?そのアプローチが順番にかかれています。

ついつい食べ過ぎて太ってしまい、彼にふられた女の子とその仲間たちを主人公にした漫画形式なのでとてもわかりやすいです。

習慣には3つのタイプがあるそうで、それぞれをやめるためにかかる期間も違うようです。

①行動習慣→1カ月で手放せる! 
②身体習慣→3か月 
③思考習慣→6か月

1つ1つの習慣がリンクしてることも多く、

たとえば、夜更かし→朝起きるのが遅くなる→睡眠不足で集中力がかける→集中したくてコーヒーやお菓子を

などという感じかな?

自分でやめたいと思う習慣をいちどに欲張らず、まずは1つに絞って(たとえば②なら)3か月かけて、向き合うといいそうです。1つをやめることができれば、それにリンクしていた悪い習慣もおのずとやめることもできますしね。

で、どの習慣をやめるのか、その「やめるべき習慣」を考えるときには次の5つの質問に自分で答えてみるといいようです。

①なぜその習慣をやめたいか?
②その習慣を放置するとどんな問題点がある?
③その習慣をやめるとどんな副作用が出る?
④それでもその習慣を本当にやめたいか
⑤やめることで将来どんな効果があるか

実は、私は1か月ぐらいまえから、禁酒ではなく、毎日のお酒をへらす節酒に取り組んできているのですが、その効果がわかるように、毎日飲んだアルコール量を数字で記録しています。

たとえば、缶ビールだとアルコール分が5%なので缶ビール1本(350ml)だと、

350×0.05=17.5g

ワイン(アルコール分12%)だと、グラス1杯100mlで12g、お酒だと1合で23.4gという具合です。

その合計が35gをこえないようにしてはいますが、ついつい今日はいいか~と40g、50g超える日がありました。。。

しかし、1か月前から節酒にとりくみ、この1か月間一度も32.5gを上回った日はありません。そうちゃんのことや娘の入院、手術、退院など、これまでだと、心配から解放されたくてたくさん飲んだり、今日は退院したからお祝いだ~と飲んでいたと思うのですが、大丈夫でした。

そして、徐々に合計が20g台になり、昨日は19gでした!!

ちょうど3週間たち、「こんなことしてて意味あるのかな?別に肝臓が悪いわけじゃないし、リラックスできるのなら数値気にせず飲んでもいいんでは?夫も二人での晩酌を楽しみにしてるし~」と思っていたところに、この本を読み、またモチベがあがったのがよかったです。

こつは、サントリーの「のんある気分」を間にはさむこと 笑



1本100円なので、レモン、カシスオレンジ、グレープフルーツなど次々ためしてみましたが、レモンが一番気に入りました!アルコールも糖質もゼロです!!

のどごしもよく、おいしいです。この炭酸水もいけます!笑



最初にビールを軽く飲んだあとに、これらノンアルコールのものをはさむことで量を減らすことに成功できています。

さて、この本に話を戻しますが、本著では②の身体習慣(3か月)についてのプロセスが詳しく書かれていますが、③の思考習慣については別の本で取り上げているそうです。



思考習慣、私の場合は、

「くよくよ考えてしまう」
「手続等がうまくいくか常に心配」
「完璧にこなさないと落ち着かない」

など、これまでこれらは性格だと思っていましたが、もしかすると、考える癖→思考習慣かもしれないのでさっそく読んでみたいと思います。

さて、今日はA大学の学期末ミーティングがあります。
私はいつもついつい家を出るのが遅くなり、時間がギリギリで焦って運転することがあるので、今日はいつもより15分前に家を出ようと思います!

| 本の紹介 | 2019-02-15 | comments:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT